Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカーの本質を学ぶために

<<   作成日時 : 2017/06/07 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある方のブログと共通する思いがあって…


日本人はなぜシュートを打たないのか? (アスキー新書 018)
アスキー
湯浅 健二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人はなぜシュートを打たないのか? (アスキー新書 018) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学
光文社
祖母井 秀隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オシムの伝言
みすず書房
千田 善

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オシムの伝言 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル












超「個」の教科書 -風間サッカーノート-
双葉社
風間 八宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 超「個」の教科書 -風間サッカーノート- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



以下 共感部分を抜粋させていただきました。

「リスクを冒さないサッカーは、塩とコショウの入っていないスープのようなものだ」、「規律を守ることとリスクを冒すことは矛盾することではない。規律を守りながら、いつ、どこでリスクを冒すかアイデアがなければならない」

「バルセロナのグァルディオラ監督が、イブラヒモビッチやメッシにシュートの仕方を教えられるだろうか? 選手のほうがうまい。監督の仕事とはそういうものではない。選手とどちらが上手かを競争することではなく、助言で選手をレベルアップさせることだ」 by オシム

ピッチで自立して判断する為の術を授けてくれた。常にピッチでは主体的で的確な状況判断が求めらる。
by 風間八宏

・技術は遊びの中で身につける

・僕らの考えを押し付けてはいけない

・答えは一つではないのに全ての答えを用意して型にはめてしまう
  by 祖母井氏

・日本のサッカーは相手不在である

・自分たちのサッカーという言葉に捕われている

・サッカーは教えすぎるとダメになる

日本のサッカー文化を育むためにはサッカーの本質を知る人が増えていかなければならないと思います。

選手も指導者も学び続けること。これなしにサッカー文化の発展はあり得ない。

Enjoyサッカー なべ 

がんばれニッポン!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サッカーの本質を学ぶために Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる