Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上さんのことば辞典

<<   作成日時 : 2017/05/22 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

目に見えづらいスキルを高める方法とは。
『危機察知能力』と『オフ・ザ・ボール』の動きの指導方法を学ぶ


ジュニサカより シェア!

危機察知能力

【名詞】 同義)危険予測能力

守備の際に、危ない場所や瞬間を予
測し、対応できる力。シュートにつ
ながるスルーパスをインターセプト
する、相手チャンスの芽を摘む、シ
ュートを阻止するなど、予測して動
ける力。もともと備わっている選手
もいるが、努力と経験による部分が
大きい。
この能力が高い選手を挙げるなら、元イタリア代表のガットゥーゾ選手。

■池上さん解説■

子どもたちに「攻撃を遅らせろ!」と指示してしまったことはありませんか?

「危機察知能力は、どうやったら高められますか?」と尋ねられれば

「まずは、自分で考えられるパーソナリティーを育てることです」と答えますが、
指導者の対応も重要です。

ポイントは二つ。

ひとつは、ゲームの中で、子どものトライを阻止しないこと。

プレーする子どもが本当は「ボールを奪いに行きたい」と思っているのに、
コーチが「ここは取りに行くな、遅らせろ」と指示してしまうことが多いようです。


100%の力でプレーさせないのでは、力を伸ばせません。

特に、中学生の中にボールを奪うのが上手い子がいるのに、そういう子を育てられません。
「守備はこうするものだ」と大人のサッカーを早くに教えてしまうので、育てられないのです。


トレーニングの際のコーチングの問題を指摘しましたが、
もうひとつは、トレーニングのやり方の問題です。

危機察知能力は、ピッチ上でのたくさんのことが見えていて、それを分析し判断する力になります。
そのような力を育むのはゲームです。

それなのに、課題を見つけると、どうしても練習を「切り出して」行おうとする傾向があります。

育成には時間がかかるものです。
危険を察知する能力や空間認知、判断力といった目に見えづらいスキルは、特に時間がかかります。

例えば、1対1が弱いからといって、それだけを切り出してやるのではなく、
2対1の中で1対1を意識してやらせれば、もっと広い視野でできます。

そうすることで、「目に見えづらい能力」も高められます。


オフ・ザ・ボール

【名詞】同義)ボールがないところの動き

ボールを保持しない状態。
サッカーでは一人の選手が1試合でボールを保持する時間は平均2分。
残り88分は、この「オフ・ザ・ボールの動き」がいかに有効になされているかが重要と言われる。
スペースをつくる、もしくはスペースを使うためのフリーランニングを指す。

■池上さん解説■

ボールを持っていないときにどう動けばいいのか
オフ・ザ・ボールの動きに優れた日本人選手はあまりいません。

元日本代表監督のオシムさんは、よく嘆いていました。

「日本人は自分がボールを欲しい時は走るけど、他人のためには走れない。
自分が走って移動することでスペースをつくって、
そこで他の選手が生きるようなフリーランニングができないんだよ」


11人制であれば、GKを含めると、誰かがボールを保持していれば、他の10人がオフ・ザ・ボールの状態です。
周りを見ながら、自分がどう動けば良いのかを常に考えられるようにしたいものです。

例えば、スペインでは日本なら高校生以上が行うような「パターン練習」と呼ばれる攻撃の形を繰り返すトレーニングを、小学生の時期から行います。

センターサークル付近でパス交換してサイドにパス、ワイドアタッカーが外からドリブルしてクロスを上げる。
中央でパス交換をしていた二人がゴール前に詰めてシュートする。
 
そのようなアタック練習をいくつかの基本パターンを作って何度も練習しています。
その際は守備はつけません。その中で、オフ・ザ・ボールの動きを体に染み込ませていきます。

ボールがないところの動きを習得するには、人が多過ぎると子どもには分かりづらくなります。

ジュニア期には4対2、4対4など少人数のトレーニングが有効です。

低学年なら、攻撃になると常に動かなくてはならない2対1を繰り返していけば、
常にボールと関わる感覚を養うことができるでしょう。


以上 シェアさせていただきます。

やはり、大人が先回りしてしまわないこと(教え込み、詰め込み?)
大人の知識の豊富さや引き出しも大切な要素とも思います。

ただ、発達段階に応じて、アドバイス(問いかけ)
や練習メニューの提供(提案)も必要ではないしょうか?

その際、池上氏が春日市に来てアドバイスいただいたのは、大人の考え方を押し付けるのではなく、
大人が取り組むような練習メニューでも、「できないことを学ぶ(気づく機会)提供をするということ」も大切。(子どものちょうどの設定が成功体験だけを基準にしない設定)

勝手に「ストレス除去の設定をしないことも大切ということ」
大人が安全なレールを引いてしまわない。

オシム氏の練習の構成は、流れるように練習がクリエイトされていて、
参加人数が増えたり、判断材料が増えたり…

スペインの練習でのノルマの設定に共通する内容だったことが、
私が感じたオシム氏の指導者としての創造性だということ。

教科書通りでなく、準備はするものの想定外の状況をも解決できる能力も育てようとしていたことが
印象的であった。

大人のイメージ通りに、その大人の想定内の選手育成ではないということ。
選手自身のもつ、創造性をいつも期待しながら… 観察していた。

一見、怖そうに見えるのだが、とても思いやりのある眼差しでした。
厳しいようだが??

Enjoy サッカー なべ



サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典
カンゼン
2016-12-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






池上正の子どもが伸びるサッカーの練習
池田書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 池上正の子どもが伸びるサッカーの練習 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
池上さんのことば辞典 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる