Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 親愛なる子ども達へ

<<   作成日時 : 2017/05/25 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なぜ、スポーツ庁が…???

ここに、Facebookつながりから…
紹介させていただきます。

スポーツに関わる人間として、何を考えるべきかを私なりに感じた記事をシェアさせていただきます。

いろんな感じ方があると思います。

たくさんの想いがあることを大切にしながら…
この記事はそんなことを気づかせてくれるのではと思い。
シェアさせていただきました。

画像


親愛なる子ども達へ

年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい

私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても...
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい

あなたにせがまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 
見える私の心へと

励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら

あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです

あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ



僕は愚かだった ……
永井秀樹が25年のプロ生活でサッカーから教えられた答え

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/football/4014


スポーツの力を信じたい…
着眼点を模索しながら、どんなSTORYをイメージできるか?

Enjoy Sports Enjoy Life なべ

私も数年前に父が…
認知症となり…

家族全員でサポートした…

人間性の教育とはいうものの…
本質となるものの考え方を…

オシム氏が言われたことは…
そういうことも含んでいたと私は認識している。

自問自答の日々は続く…
より良き明日の創造を続けながら!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親愛なる子ども達へ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる