Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 回顧

<<   作成日時 : 2017/05/24 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人はシステムを超えるということ。
〜子供たちが工夫できる環境を〜


答えは一つではないのに全ての答えを用意して型にはめてしまう

日本だけではなくドイツでもフランスでも起こってる先進国の問題。
育成プログラムがシステム化すればするほど、個性を表現することが難しくなってくる。子供の時に、遊ばせながら教えたチームとガチガチなプログラムで教えたチームが試合をしたら、ガチガチに指導したチームが勝ちますよ。でも将来的に伸びるのは遊ばせながら教えたチームだと思います。

失敗ができると上手くなる

プロチームのユースなどの場合は指導者も良い選手を出さなければいけないし、上からのプレッシャーもあります。そうすると色々なことを教えちゃうわけですよ。教えれば教えるほど子供達は育たないんです。
逆にアフリカとか、教育システムがしっかりしていない地域から豊かな発想力を持った選手が出たりするわけです。サッカーはどこでも出来るから、器材やグラウンドが整っていることが「良い環境」というわけではないんです。
場所さえあればどこでもいいんです。
大切なのは子供たちが、そこでどう考え工夫するかだと思います。

僕らの考えを押し付けてはいけない

なるべく子供たちが考えて判断するような、大会の成績にこだわらないサッカーをさせたいのです。もっと遊びがあっていいと思う。失敗してもいいと思う。日本の指導はそうさせないようにしているのかもしれないけれども、大人のプログラムで動くんじゃなくて、もっと自由に子供たちのアイデアが活かせるような、子供たちの発想でトレーニングができるような、そういった環境をつくってみたいです。

技術は遊びの中で身につける

僕がドイツで指導していた頃の子供たちは、リフティングができないのに試合ではめちゃくちゃうまかったり、インサイドキックが出来ないからパスはインステップやアウトサイドを使ったり、技術が遊びの中で身についていました。
どこで蹴ってもパスができればいいんですよ。日本ではインサイドキックを小さいときから教えるけれども、本当は子供の体の構造上インサイドキックはあまり合っていない蹴り方なんです。考え方でも技術でも指導者が無理に教えてしまうと、子供たちは良さを表現しにくくなってしまいます。

僕らの考えを押し付けてはいけないんです。

「自由な発想の中から新しいサッカーが生まれる」のですから。

将来は子供たちのチームを率いるのが僕の夢なんです。公園でもどこでもいいから集まって子供たちに教えたいですね。年齢や国籍も関係なくね。

祖母井秀隆氏


今でも…

自然に… 身体を…

自由に… Enjoyできれば…

そこから… 心の育成をサポートが…

可能性を信じて…

スポーツが社会を変える  リスクを恐れずに… 

Enjoy なべ
祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学
光文社
祖母井 秀隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
回顧 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる