Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカーの本質が詰まった2つの記事

<<   作成日時 : 2017/04/06 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私がどうしても紹介したい記事を2つ…

原宿にあるフットボールカフェmfの有坂さんのブログから

ドイツの名将トマス・シャーフの講習会に行かれた時のレポートなのですが、
私にとってとても大切なことが…

揺るがない人。

ドイツ国内の名将のひとり、
“ トーマス・シャーフ ” の講習会へ。

知人がフェイスブックで、この講習会の案内を上げていて、
「 おお、シャーフ! 」「 おお、水曜日開催! 」
ということで即決。


「 ブレーメン 」で、エジルやジエゴ、ミクーなどのクリエイティブな選手を活かした攻撃的サッカーで、
一時代を築いた名将は一体どんな人なのか、それを感じたく。


そう、どっちかというと、
どんな練習をやってるかというより、どんな人なのか。
結局、練習内容もコトバもその人自身から生まれてくる。

だからサッカーコーチだけでなく、ほかの仕事人だとしても、
「 どんな人なのか 」がいつだって、興味の中心なのです。

シャーフ、実直な人でした。
そう簡単には揺るがなそうな、静かで落ち着いた雰囲気。


それがやっぱり選手に伝わっているんでしょうね、

実技講習会のパスとコンビネーションをテーマにした練習では、
最初はミスを連発して動揺していた選手たちが、
その一回の練習の中で少しずつ身体で覚えていって、
最後には明らかにスタートのときより出来るようになっていました。


サッカーというミスが多発するスポーツで、
実際にミスが起きたときに指導者や選手がどう反応するのか、
それは90分の試合結果に大きく反映すると思うんです。


練習がまったく思い通りにいかなくても、
話したことを選手が理解できなくてミスを連発しても、
シャーフはとにかく「 揺らがなかった 」。


それはたぶん、
「 ミスするなんてあり得ない 」じゃなく、
「 ミスすることは必ずある 」が前提だから。


彼の中ではそのミスすら想定内なんでしょうね
ヒステリックに怒鳴っちゃう人は想定内じゃないんでしょうね。
で、選手の動きからダイナミックさとしなやかさが消えていっちゃう…。


出来るようになるきっかけを投げながら、
揺らぐことなくひたすら待っていた
シャーフは練習後、
選手たちに、こんなコトバを贈っていました。


 「 サッカーを楽しんでくださいね。

   自分が楽しむことでより成長していきますから。 」


大きな存在感で見守る、山のような人でした。


 『 サッカーで同じことは二度とないです。

   シーズンも、チームも、メンバーも。

   好奇心があれば、

   いつだって新しいものが見えてきます。 』

       元「 ブレーメン 」監督  トーマス・シャーフ


次に紹介する記事は…

【久保田コラム】園児は僕らの先生。
サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし | FootballEDGEより

園児が見せるプレーや行動に、サッカーの本質が詰まっているのではないかと、本気でそう思っています。

彼らは「練習に来てる」とは思っていなく、サッカーを「しに」来てる と思っています。

だから幼稚園が終わって、園庭に降りてくれば、当たり前のように自分で準備も着替えもするし「ゲーム始めていい?」なんて僕にいちいち聞かずとも、自然にゲームを始める。

サッカーを習いに来ているのではなく「サッカーをしに来ている」ゆえの、自然な行動だと思うんです。
だからこそ、そんな彼らの自然な姿から見える純粋無垢なプレーに、僕はいつも大きな魅力を感じるんです。

そしてそのプレーの中に、僕ら大人(指導者)がすっかり忘れてしまったもの、
どこかに置いてきてしまったもの、勘違いしてしまっているもの、
そして何より「サッカーの本質を知る上での、重要なヒント」が隠されている。

そんな気がしているんですよね。

サッカーは習い事にしたら終わりだ。

最初は親に無理やり入れられる子もいる。
そんなときにこそ”サッカーを遊ぶ”ことの楽しさや喜びを知ってもらえる絶好のチャンスじゃないか。

サッカーはこういうルールであっちに行っちゃダメ。
外から出たらダメ。なんて教えちゃうとサッカーの本質は伝わらない。

文中にもあるけれども、純粋無垢な自然な園児の姿にこそ学ぶべきことがある。

サッカークラブは常識やルールを教える場ではない。
サッカーを”遊ぶこと”をサッカーを”楽しむこと”を伝える場であるべきだ。

園児だって、任せればできるんです。
言ってあげないと分からないだろうとか、やってあげないと、教えてあげないと…なんてお節介しすぎて、子どもの純粋な欲求や行動を邪魔しているのは大人です。

園児だから色々とやってあげなきゃいけない。と思い込んでいてはいけない。

私もスエルテというクラブで園児相手にひとりの人間として本気で向き合う久保田氏の姿には衝撃をうけたし
、園児が自立していく姿をこの目で見てきた。

そしてグアテマラという中南米の貧しい国へ行ったときに現地の子供達の姿をみて、
やはり衝撃を受けた。5

歳〜10歳くらいの子供達が靴磨きの仕事やバスの中でお菓子を売ってお金を稼ぐ姿をみてきた。

任せればできる。できないと決めつけているのはいつも大人だ。


紹介した2つの記事に私は共通のメッセージを見出した。

それは、常識だとかルールに捉われてはいけないということ。


・サッカーは”やり方”、”スタイル”、カタチよりも大事なことがある。
まず表現する人がいてそこをベースにどういう表現をするかということなのだ。
だからこそサッカーを”遊ぶ、楽しむ”というベースを養わなければならない。 常識に捉われてはいけない。

・サッカーはいつのまにか習い事になってしまっていてそれが当たり前だと思い込んでいる。
そうじゃない。

以上

Enjoyサッカーなべ  深いい〜


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サッカーの本質が詰まった2つの記事 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる