Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 成功するチームに必要なもの

<<   作成日時 : 2016/03/23 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

成功するチームに必要なもの

「完璧なチームはいったい何が違うのか?」についてGoogleが社内調査した結果が
2016年2月のThe New York Timesに掲載されました。

Googleは、どんな取り組みをもデータで検証することで有名です。

Googleの人事施策について書かれて話題となった書籍『WORK RULES !』にもその一端が垣間見え、
読まれた方も多いのではないでしょうか。

今回の取り組みは、180ものチームを分析し、成功しているチームのパターンを調べたもので、
以下のような、いく通りの観点から調べても、当初は成功パターンが見つからなかったそうです。

・チームのメンバーが同じ趣味を持っているかどうか
・オフィス外でどれくらい交流しているか
・友達のような仲なのか、ビジネス上の関係なのか

そして、試行錯誤の末に見つかった成功パターンとは、次の2つでした。

1. チームの一人ひとりがおおよそ「同じくらいの量」の発言をしていること
2. 他人の気持ちを察する社交的な感度(social sensitivity)のチーム平均値が高いこと

これらふたつの事象は、心理学で「心理的な安心感:psychological safety」という概念で知られているそうです。

*************************************

自分に自信のないメンバーへの「勇気づけ」は?
どのような、アプローチで???

ここで言われる、「安心感」とは?

スポーツの力とは???

先日、数年来の仲間と語り合った。

技術重視からレベルアップしているのだが…

久々にあった二人の共通理解は?…

「心」の育成ということ。

日本人の良さとは?
本物の「信頼関係」とは?

とりあえずの信頼関係ではないということ。
本物の「信頼関係」を築くために…

自身のコメント力と「空間予知力」のバランスが…
その時代や環境にマッチしているのかが? 大切ではないか?

理想と現実?

利己利他?

いろんな角度で、観る力(分析力)が大切ということ。

なべ


チームを動かすファシリテーションのドリル
扶桑社
2016-03-24
山口 博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チームを動かすファシリテーションのドリル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






「安心感」を高める、ピクサーの方法とは?

「みなが発言している状態」は「安心感」のひとつの表れといえますが、
それに関するコーチング研究所の調査結果があります。

この調査では、上司と部下が会話において「どちらがどれくらい話しているか」を15カ国比較しました。

その結果、「上司と部下が同じ量を話す」割合は、
日本は14位と芳しくなく、話す割合として上司の方が多いということが分かりました。

この結果の背景には、日本は世界の中で比較的
、階層主義的で権力や肩書きを重視する文化を持っていることが一因として考えられます。


目上の人に失礼があってはいけない、
無礼な奴だと思われないようにしようと部下が発言を控えていることもあるでしょう。

また、上司の側が、部下から意見されないよう無意識に威圧しながら、
その影響力に気づいていないのかもしれません。


では、企業において安心感を高めるにはどうしたらいいのか。

アニメーション映画会社のピクサーの取り組みがヒントになると思いご紹介します。

ピクサーには、「社員がアイデアや意見、批評を気兼ねなく交換できるのが、
健全な創造的文化の証だ」という信念があり、それを制度化した「ブレイントラスト会議」があります。


「ブレイントラスト会議」は定期的に開催され、
主に次のようなルールで運営されているそうです。

・全員が率直に意見を伝える。

・会議の場はみな平等であり、権限がなく、提案や助言に従う必要はない。

・批判されているのは、アイデアであって自分自身ではないと解釈する。

・意見が言いにくいと感じたら少人数でミニ・ブレイントラスト会議を開く。



「ブレイントラスト会議」を経ると、「つくり始めは目も当てられないほどの『駄作』が面白い作品に変わっていく」そうです。

また取り組みにしては、こんな記述もあります。

「つまらないことを言ってばつが悪くなる不安、相手の気分を害して萎縮する不安、
やり返したりやり返されたりする不安は、どれも一度は払拭できたと思っても、
必ず何かの拍子にまた頭はもたげる。そういうときは、正面から向き合うしかないのだ」


安心感は常に崩れてしまう脆さをもっており、
日々、手をかけて築き続ける必要があるようです。

あなたの職場では、安心感はどれくらいあるでしょうか。

組織で成果を出すスピードをあげたいと思うとき、
安心感をつくりだすという手段もぜひ選択肢として活用してみてください。

以上 ご参考までに…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成功するチームに必要なもの Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる