Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS チームスポーツをやることの責任

<<   作成日時 : 2016/01/05 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Facebookつながりから…
シェアさせていただきます。

青森山田高校サッカー部
監督 黒 田  剛氏より

40年前、父親から教わった野球が凄く楽しく、明けても暮れても夢中になって励んだ記憶がある。

しかし転校先の小学校には少年野球チームはなく、チームが創設されるまでの期間、クラスメイトを誘っては、日々草野球に没頭し、勝った、負けたと放課後のほとんどの時間を野球に費やしていた。

ある時、友人に誘われ軽い気持ちで地元のサッカー少年団の練習を覗いてみた。

生まれて初めて観たサッカーだったが、誰もが笑顔で楽しそうに走り回り、
声を掛け合いながら一生懸命にボールを追いかける輝かしい姿がそこにはあった。

幼い私の心(好奇心)に火がついた瞬間だった。
野球にひたすら飢えていたそんな時期に、なんとも楽しそうなサッカーと偶然出会ってしまったのだから。(笑)

私はその場で即座に入団を決めてしまった。
野球とサッカー、どちらも最高に楽しかった。

だが最終的にサッカーを選んだ、というよりはサッカーの魅力に完全に取り憑かれてしまった。

私は元来、人との触れ合いやコミュニケーションをとることが大好きな性格で、
サッカーというスポーツと出会ってからは、数え切れないほどの人と出会い、
たくさんの仲間から多くの『喜び』と『幸せ』をもらった。


もちろん人間としても大きく成長させてもらった。

今の私の人格は、この掛替えのない仲間との出会いによって形成されたと言っても過言ではない。


 サッカーの指導者になって23年。
サッカー界のある方に次のように言われたことがある。


「人生は『金持ち』になっても何の価値もない。
『人持ち』になってこそ価値がある。



だから、お前のやっていることは誰にも真似のできない素晴らしいことなんだよ!」と。
ありがたい言葉であった。

確かに小学3年生の時に『サッカー』というチームスポーツと出会ったお陰で、
47都道府県全てに足を踏み入れ、全国に友人や知り合いを持てたことは最高の喜びであり、
一生の『財産』になっている。

この何にも代えがたい人生を、自分の『生きざま』として、
一歩一歩、確実に歩んでいることを実感できる。


サッカーのようなチームスポーツは、決して一人ではできない。
もちろん自分勝手やわがままも許されない。

チームメイトとの関わりは深く、時に共に励ましあったり、支えたり、支えられたり、
そしてチーム一丸となって大きな『夢』や『目標』に向かってコツコツと積み上げていくものである。

チーム作り、そこにはチームみんなの汗や涙が染み込み、
『絆』として、より強さを増しながら大きく成長していくものである。


決して他人が勝手に入り込むことなどのできない『神聖なる成長の場』であり、
『信頼』と『責任』で積み上げられた『友情ピラミッド』へと姿を変えていくのである。


所謂、チームが強い『絆』で結ばれるようになるということである。

 しかし近年、自分勝手な選手が増えているのが見て取れる。

自分一人の努力で積み上げたピラミッド(チーム)でもないのに、中段の岩ブロックを勝手に引き抜き、
完成直前のチームピラミッドを不安定にさせることに何の抵抗や責任も感じない選手がいることである。

苦労を共にした仲間の気持ちなど何も考えていない。
選手によってはチームの重要な役割(ポジション)を任され、それを引き受けておきながら、
肝心な時(大会直前)に突然辞めてしまうという無責任な思考や行動には正直驚くばかりである。


仲間に支えられ、仲間がいたからこそ、
これまでサッカーをやれたことへの理解もなければ感謝もない。

『我慢』や『辛抱』のできない選手や、仲間のことを大切に思えないような選手は、
チームスポーツをやる資格は無い。

たとえいかなる理由があっても、どんなに格好の良い言い訳をしても、
全ては無責任な『行動』がその人を語っているのだ。


 冒頭述べた『人持ち』とは、長年、いついかなる時も周囲を気遣い、尊重し、
支えてくれた仲間を『裏切らない行動』の積み重ねから得られる『一生の財産』を持つことである。

それは育成年代からその人の『意識』と『行動』によって築き上げられていく『習慣』の流れであり、
これを蔑ろにする者の中に、優れた選手は過去にも現在にも存在しない。

チームスポーツをやることの本当の『喜び』と『責任』を理解しなければ、
自分の人生に咲く『花』などはない。


以上 Enjoyサッカー なべ

第94回全国高校サッカー選手権大会(準決勝)
(予定)

■1月9日(土)準決勝
12:05 ●星稜−東福岡○(埼玉スタジアム2002)
14:20 ●青森山田 1−2 國學院久我山○(埼玉スタジアム2002)

■1月11日(月・祝)決勝
14:05 ○東福岡 5−0(1ー0) 國學院久我山●(埼玉スタジアム2002)

東福岡が第94回全国高校サッカー選手権大会を優勝!

おめでとうございます。

☆全国高校サッカー選手権大会・登録選手
GK1 脇野 敦至
(West Kids Duel)
DF2 林 雄都
(レオーネ山口U-15)
DF3 福重 達也
(アビスパ福岡U-15)
MF4 鍬先 祐弥
(長崎南山中)
DF5 福地 聡太
(ヴィクサーレ沖縄U-15)
MF6 藤川 虎太朗
(サガン鳥栖U-15)
MF7 毎熊 晟矢
(FC BRISTOL)
MF8 橋本 和征
(ファジアーノ岡山U-15)
FW9 餅山 大輝
(ルーヴェン福岡)
MF10 中村 健人
(UKI-C FC)
MF11 三宅 海斗
(倉敷市立倉敷北中)
DF12 山田 英二
(FC花鶴U-15)
DF13 小田 逸稀
(サガン鳥栖U-15唐津)
GK14 前島 正弥
(長崎レインボー)
DF15 児玉 慎太郎
(レオーネ山口U-15)
MF16 坂口 真心
(FC.SOUTHERN)
DF17 砂原 一生
(UKI-C FC)
MF18 三郎丸 瑞基
(アビスパ福岡U-15)
FW19 福田 湧矢
(小倉南FCJY)
FW20 佐藤 凌我
(福岡市立次郎丸中)
MF21 佐々木 貴一
(東松山ペレーニア)
FW22 中山 天彦
(小倉南FCJY)
MF23 牛嶋 幹太
(サガン鳥栖U-15)
MF24 江 麗央
(ロアッソ熊本U-15)
GK25 矢島 海都
(東福岡自彊館中)
MF26 森田 洸二朗
(ソレッソ熊本)
MF27 田尻 京太郎
(FCコンクエスタ)
FW28 藤井 一輝
(ルーヴェン福岡)
MF29 青木 真生都
(サガン鳥栖U-15唐津)
MF30 福里 歩
(ルーヴェン福岡)
サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である
カンゼン
坪井健太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカーの新しい教科書 戦術とは問題を解決する行為である の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チームスポーツをやることの責任 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる