Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS これこそがボールを大切にするサッカー

<<   作成日時 : 2015/11/22 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボールを大切にするサッカー

すぐにバックパスするのが、「ボールを大切にするサッカーではないということ」

2006年ドイツワールドカップ、アルゼンチン代表対セルビア・モンテネグロ代表の試合で生まれた26本のパスを繋いで決めたゴール。

セルビア・モンテネグロはアルゼンチンの素早いポジションチェンジでのパスワークを止めることが出来ず、
26本のパスを通される。フィニッシュはクレスポとのワンツーで抜け出したカンビアッソがゴール。

多彩な攻撃陣が次から次へと出てくるアルゼンチン強さが際立った試合となった。

https://youtu.be/GR3Om0WfErA


周りのフォローが厚みがあるから、常にパスの選択肢が複数ある。

そして、パス&ゴーってほどじゃなけど、パス出した後も脚を止めずに次のプレーに移ってるから、
ずっと数的優位を保ってる。これを代表でやるんだからスゴイ!のでは?

日本では、サンフレッチェ広島が…
ただ、重要なポジションには、必ず、優秀な外国人選手が…

育成で考えれば… スカウト活動によって…
バルサでも、カンテラ出身の選手だけでなく… ということ。

となれば… 育成年代で重要なことは…





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これこそがボールを大切にするサッカー Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる