Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー育成環境を考える時…

<<   作成日時 : 2015/09/14 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いろんなアプローチがある。

日本の指導の変遷から…

世界の育成環境の流れ…

答えはないのだが…

日本が世界一になるために…
できること… できないことを整理しながら…

私自身の育成(世界と日本)環境を感じて…
自身の感じきれないことも… 受け入れながら…


ある方からの…
Youtube映像です。

FC Porto Individual Player Development Pepijn Lijnders
https://youtu.be/5MDR775Y2OY


U-21EUROで、ドイツに対して、破壊的な攻撃力で勝利を収めたポルトガル
その秘密をひも解くとともに、日本のSWOTを考えて…


この映像をご覧になって…

なんだ、やってるよそれ以上のことを… とか

あっ そうだったんだ!

それは、出来ているんだけと… ゲームの中で、その『個』がチームとして
うまく反映されていない。

それを、その年代で解決する… いや、次の年代で… 指導のリレーで
良く言われる『伸びしろ』として… 

その年代 その年代でしか…
身につけることができない。

では、すべて学問的裏付けがなくてはならないのか…
南米的に… 感覚で伝えることなのか?

でも、Insight(状況判断)を考えた時…
南米的でも欧米的でも…

どちらも共通していることは何か?
そこが、日本では、まだまだ、整理できていないように私は感じる。

その作業を、オシムが、だれを否定や批判することもなく…
地味に伝えようとしてくれたのだと私は思う。私の中の『恩人』であり『師匠』です。

どんな、問題を指導者も選手も受け入れて…
次へと進むのか?

それを妨害するDFの問題も…
チーム戦術も…

集まった選手の技術レベルや戦術的理解レベルも…

いろんな意味で…
この映像から学ぶ姿勢は…

ただ、あのドイツに勝った。という事実。

その映像から、何を感じて… 何を伝えるのか?

指導者も選手も、常に「学びの姿勢」が大切ということ。
常に、変化し進化するということ。

FC Porto Pepijn Lijnders October 2012
https://youtu.be/B1PENuUra5w

rainingsvideo PSV Eindhoven 2006 Compilation (update) PL.mov
https://youtu.be/zv3WzQSwCLQ


Coaching the Ajax way
https://youtu.be/lNycNacddtU

Enjoyサッカー なべ

大切なこと。

PLAYER'S FIRSTということ。

いろんな意味で…
RISPECTということ。

正直… 審判への多大なクレームは… 見苦しい…
サッカーだけなのかもしれないのだが… 

いろんな意味で「チャレンジ」システムが大切なのかも?
選手・スタッフが納得できる映像で…






鹿島アントラーズ ・ 選手育成 & 強化ノウハウ ジュニアユース / ユース年代の トレーニング [ サッカー DVD番号 383d ]
ジャパンライム
■指導解説/小松義典(鹿島アントラーズFC育成部長)■実技指導/383-1?3 河崎淳一(鹿島アント

楽天市場 by 鹿島アントラーズ ・ 選手育成 & 強化ノウハウ ジュニアユース / ユース年代の トレーニング [ サッカー DVD番号 383d ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サッカー育成環境を考える時… Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる