Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS U-15 vs U-14のTRMからの考察

<<   作成日時 : 2015/09/11 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015.9.10(木) 春日野中学校にて
19:00〜
1本目(25分) ●U-15 0−1 U-14○
2本目(25分) ●U-15 0−2 U-14○
3本目(20分) △U-15 1−1 U-14△

公式戦と練習試合(クラブ内)と試合を区別しないということから…

ある中学校のメンバーは、試験のために不参加でした。
U-14の成長ぶりには、脱帽でした。残念なような… 頼もしいような…

U-15メンバーも、ベストを尽くしての結果です。 大切なことは…???
なにができて、なにが出来なかったかを感じて…
これからも…


あえて、大人の戦術を伝えなかった私の責任があるのかもしれない…
勝たせることと育成のバランスの難しさが…

伝えるタイミング・内容・伝え方など…
試合で学ぶ機会も大切ということ=Gameが最大の師といわれること。

そこで… 私自身も自問自答しなが…

気になる記事があったので…

本質をみる目をもつこと 誰もがみえているところに勝機はない

大切なことを見る目

たとえばグアルディオラの練習を観に行くとき。

なにをみたいか。なにが知りたいか。自問してみてほしい。



多くの人はどんな練習をしているのかが知りたいという。



しかし、私はグアルディオラがどんな練習をするかよりも興味があることがある。

それはチームの雰囲気であり、グアルディオラやコーチが発する言葉であり、
選手間で交わされる言葉であり、選手と監督、コーチの間で交わされる言葉
である。

ひとりひとりがどういう表現をしようとしているのか、どういう感覚でプレーをしているのか、
そしてチームがどういう表現をしたいのかということである。


本当に重要なものは形にならないもの

メソッドなんかよりも大事なことはひとりひとりが表現しようとしているもの。

チームとしてどんな表現を創ろうとしているかということが大切で、
それはトレーニングの形ではなく中身をみなければわからない。

形から得られるヒントもあるとは思うが本質にはたどり着かない。


外見や表面しか見えないようではとてもサッカーじゃ食べていけない。
良い選手にもなれないし、良い指導者にもなれない。

サッカーは人間の内側から湧き出るものを表現する行為であり、
個性と個性が調和して表現されるものが美しいサッカーになるのだと思う。

他人とは違うところをみること

私の場合はみんなと同じことができない、同じようにできないということがコンプレックスだったのだけれど
サッカーをやっているとそれは時に強烈な強みになるということがわかった。

だから他人とは同じように観察できなくて良い。
むしろ違った見え方ができた方が強い。

と思うようになった。
そしてそれは本質にたどり着く。


大切なことは自分で答えを出すことであり、そのために何をみるか。

誰もがみえているところに勝機はない。




サッカーの本質を追求する旅はつづく…

深い…

だから…楽しいのかもしれない…
Enjoyサッカー なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-15 vs U-14のTRMからの考察 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる