Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 集落に子どもの笑顔が戻ってきた!伊那市新山のキセキ

<<   作成日時 : 2014/10/30 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

集落に子どもの笑顔が戻ってきた!伊那市新山のキセキ

今日の朝の番組で、面白い内容がありました。

地域密着ということで…

【長野県伊那市新山地区】

上新山区と北新区からなる、自然豊かな環境の地区。

総人口:697人
65歳以上の人口:225人
50歳以上の人口:414人
12歳以下の子供の人口:53人

【長野県伊那市立新山小学校】

全校生徒30名からなる小学校。

・地区外から通学できる制度(小規模特認校制度)を導入している。
・少人数ならではの行き届いた学習指導と、地域と密接した体験活動(キノコ狩りなど)、豊かな自然環境による教育が特徴。

【田舎暮らしモデル地域事業】

長野県伊那市の中で田舎暮らしをする地域を市がサポートする事業。

目的:市街地から移住者を受け入れ人口を増やし、地区の活性化を図る。
モデル地域に指定された地域に移住した場合、移住者は家の購入の際の費用一部補助や出産の祝い金などのサポートを市から受けることができる。

【新山保育園】

2014年4月に5年ぶりに再開を果たした保育園。

・23人の子どもに対して保育士が常時4人いるため子ども達ひとりひとりに目が届くのが特徴。(2014年10月現在)
・山や川といった豊かな自然に囲まれているため、野菜の収穫など、自然の中で様々な体験ができるのも魅力。

【新山の保育園・小学校を考える会】

新山地区の住民で構成される会。
送迎ボランティアや様々な季節のパーティー・交流会の実施などの活動をしている。


面白いかったのは、退職された方(男性)がボランティアで送迎されるということ。
送迎ボランティアという型で、地域貢献されている。

子どもたちとの交流する姿は、生きがいがあるような…
驚いたのは、わが子が卒業して通っていないのにも関わらず、PTA活動に関わっていらっしゃるということ。

コメンテイターの方が、言われていたこともなるほどと思うのは、広く考えると若い人の雇用があるのか?
子どもが増えて町に活気がでることはOKなのだが…

その保護者が働く環境があるのかということ。

隣の町から学校や保育園に通うことをサポートすること。
少人数学級に賛同する保護者が存在したということ。

いろんなトライが良い方向へ向かっているということ。

大人の関わり方で、参考になることがたくさんあるような?

Enjoy Life なべ

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
集落に子どもの笑顔が戻ってきた!伊那市新山のキセキ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる