Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ、上手くいかないのだろうか?

<<   作成日時 : 2014/09/16 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、久しぶりに天拝中さんとカミーリア筑紫野さんと高校サッカー時代のチームメイトM監督率いる筑山中学校さんとU−14の試し合いをさせていただきました。

まず、試合への入りが悪いことが前回のTRMで課題があったので…
試合への取り組みの考え方を伝えました。

驚きは、「メンバーの半分が試合前、ワクワクするのではなく、不安からくる緊張が過度にあったということ。
だから、普段の入りができないということで、試合への入りが悪かったということだった。

あるメンバーのサッカーノートをヒントに… 夢を実現することの話を… 
『その日の夢を実現するために』

「考え方のひとつで、こんなにも変わるものかと、収穫のあるスタートであった。

試合も先制されるも、逆転で、勝利。
まだまだ、課題は残るものの…同じような失点シーンと決定力不足が課題となった。

少しづつであるが、トレーニング(意識)の変化がついてきている。
まだ、自分で感じることが不足している選手も…

それは、私自身への課題でもあるということ。
さぁ、あきらめずに…

あるブログからシェアさせていただきます。

■「考えろ!」という指示だけというのはヒントにはならない。

ベースとなるのは「個人レベルでの技術と戦術の充実」。
ドイツでもそうだが、特に小学生年代にはコーディネーション、技術力アップを狙うトレーニングを頻繁に行い、

生涯の基盤となる基本技術と身のこなしを身に付けることが大切になる。

そして身につけた技術は試合で活用できなければ意味がない。
技術力を上げるために必要なのは反復練習。


しかしだからといって決まりきった形のドリルトレーニングだけを永遠繰り返すだけでは、
試合で生かせるようにはならない。

どのように技術は様々なプレッシャーのある試合の中でも発揮できるようになるのだろうか。

■技術を生かすための戦術理解と判断力

技術を試合で生かすためにはまずベースとなる戦術理解が必要で、
その上で何が最適なプレーかを判断する力が大事になる。

試合である選手がボールを失うと、
「技術的なミスをしたからだ」と結論されることが多いかもしれないが、

実際にボールを失う大きな原因は

「フリーだったのに慌ててボールを蹴ってしまった」

「フリーの選手がいたのに、マークされている選手にパスを出して奪われた」

「相手選手がいるほうにトラップしてしまいカットされた」

「何人も相手がいるのにドリブル勝負をしてしまった」
というように、

戦術的なゲーム理解の欠如、判断力のまずさによるものが挙げられる。

つまりトレーニングから判断力や戦術理解を深めることにも取り組まなければならない。ではどのようにトレーニングすればそうした能力を高めることができるだろうか。

例えばワンツーの動きを取りいれたパス練習をし、その後で3対3のトレーニングを考えたとする。
攻撃の選手が横パスを出しているだけでは何も起こらない。

指導者が「ワンツーパスの練習をしただろう!」と指摘する。
言われた子どもはいきなりワンツーパスを使おうとする。

しかし簡単に相手にカットされてしまう。
「何やってんだ!考えてプレーしろ!」と怒鳴る。

そうした練習の1シーンに心当たりはないだろうか?

「考えろ!」なかなか便利な言葉だ。

しかしその子どもはおそらく何を考えればいいかわからないから困っているはずだ。
「考えろ!」という指示だけというのはヒントにはならない。

「ワンツーパスを使え!」という指示も具体的なようで解決策にはなっていない。
ワンツーパスとは攻撃手段の1つであり、大切なのはどうそれを使うかだ。


例えばワンツーパスを上手く使うためには相手守備の一人を引き出せなければならない。

ボールをさらして奪いに来たところで、サポートに来た仲間にパスを出してスペースに抜けだす。
パスを受けた選手は"ツー"のパスを返さなければならないわけではない。

相手選手の一人がスペースに抜け出た選手に反応したならば、ターンしてボールを運ぶのも有効な手段だ。
あるいは3人目の選手がワイドに開いて縦に抜けるパスコースを作れば相手守備陣をさらに揺さぶることができる。


ここで大切なのは、修正を施すのは攻撃側だけではなく、
守備側にも行わなければならない点だろう。

ワンツーパスの例であれば、
相手ボールに軽卒に飛び込んで裏のスペースに抜けられるのは守備選手のミス。

積極的に当りながらも、
パスを出された際に後ろのスペースに戻るという意識を持っていなければならない。


このように守備側がしっかりと守れている状態で
、そこをどのように崩すかにトライすることが試合で生きる技術となる。

ただパスを回したり、ワンツーパスを狙うだけでは相手の守備は崩せない。

ではどうすればいいのか。

例えば一人の選手が裏への飛び出しを見せる。
一回では相手もついてくるだろう。

しかしさらにポジションチェンジをしながらパスを回し、
動きのスピードに変化をつけると対応は難しくなってくる。

時にドリブルで仕掛けたり、チェックに来なければシュートを狙ったりとリスクチャレンジすることで
相手守備を揺さぶり、チャンスを作り出すことができるようになる。

大事なのは駆け引きを身につけることなのだ。

これは1対1の対応においても大切だ。

競り合いで相手に負けない身体の強さと使い方、

相手との距離感やポジショングや体の向き、

オフ・ザ・ボールでの動きなど様々な要素を習得する必要がある
が、

その上で重要なのは1対1の状況だけでトレーニングをしないことが挙げられる。

1対1で攻撃選手が有利とされるのは、
パスなのかドリブルなのかシュートなのかとさまざまな選択肢を持つことができ、
主体的に駆け引きをすることができるからだ。

ドリブルしか選択肢がない中で対峙した場合、
守備選手にとってはそれだけに集中すればいいのだから対応は確実にしやすくなる。

もちろんそうした状況でも突破したり止めたりする練習も必要。

だがそれ以上にその武器をどのように発揮するかの術を身につけることが大切になる。

特に小学生年代では少人数(2対2から4対4)でのゲーム形式でやり合い、
相手との駆け引きにトライすることが大事
だろう。


■経験の上手な足し算・引き算

経験はもちろん足し算されていくことが望ましい。
しかし計算式のように単純に積み重ねていけるものではない。

失敗と成功を繰り返し、それをフィードバックすることで自分自身のものさしを持ち、
それぞれの経験をどう組合わせると自分にとってプラスになるのかという式を作り上げていく。

例えば「フリーの状況でトラップがうまくいかずコントロールする間に相手に戻られた」という経験から、
ファーストタッチを大事にしようと意識し、

「ドリブルで相手の逆を取るという練習」から得た経験を加えて、
「ファーストタッチで相手の逆を取るところへボールを運ぶ」という目標を立てる。

あるいは指導者からのアプローチとしては、
中盤でボールを持ちすぎて奪われた選手に「ドリブルは駄目」とバッサリ切るのではなく、

どの状況であればドリブルが有効なのかを説明し、
どうすれば持ちすぎずに状況を打開できるのかの選択肢を与えることが重要
だろう。

結果を焦らない。

指導者仲間であるSCフライブルクU12監督のパトリック・ヘルメルさんは「練習で出来ても、
いざ試合となると頭から抜けてしまうこともある。

しかしそれは普通のことだ。
それならばもう一度じっくりと話をして練習でトライすればいい。

指導者は我慢強くなければならない。
今日言ったことが明日出来ることなどない。

しかし昨日までできなかったことが今日出来るように導くのが育成だと思う」と語ってくれたことがある。

手に自主性や想像性を引き出させるためにといって
何も言わずに放任してはいつまでたっても基礎は身につかない。


だからといって選手に戦術を植え付けるためとあれこれ細かすぎる指示で管理しては相手の上をいく駆け引きを身につけることはできない。

選手の才能を引き出し、次のステージに上げるために、それぞれに合ったやり方で最適なバランスを見つけしていく。

「指導者は力や権力で選手を押さえつけるのではなく、しっかりとした専門知識とそれを我慢強く伝えていく人間性でもって、選手に対して納得させなければならない」

"日本サッカーの父"デットマール・クラマーさんの言葉が、その本質をついている。

以上

まだまだと思う心が、私自身も日々学びの姿勢で…

Enjoyサッカー なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ、上手くいかないのだろうか? Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる