Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS U−15BとのTRMで…

<<   作成日時 : 2014/09/14 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨晩、久しぶりにU−15BtonoTRMを行った。

結果は、A/Bトータル4本で●1−4といったところ。

M監督談

ヨーロッパの綺麗なサッカーだという印象なのだが…

やはり、何かが足りないような…

「観ること」で、ドリブルのためのドリブルは減少したのだが…

中での早いパス回しから、中盤で前を向くことができたのだが…

サイドから展開することができたのだが…

前線からのプレスで中盤でボールを奪うことがでいたのだが…

GKとのビルドアップは、改善されてきたのだが…

相手のサイドから人数をかけられた時に、フィニッシュまで持ちこまれるのは?


と、こんな内容であった。

やはり、何かが違うのである。

攻撃で、「頑張って」しまうのである。リラックスして、ある程度のことを意識しながらプレーすれば…

十分にEnjoyできるのだが…

いわゆる、創造性が… なぜだろう? 一生懸命にプレーしているのに…

決して、100パーセントのプレーをしているのに…

何が足りないのか?


以下 スポーツ心理学的アプローチから

ご参考までに… シェアさせていただきます。

自分のやっていることを

 心から楽しまなければ

 真の成功はあり得ない」


この数年で心理学、脳科学が多くの人々に広まりました。


今では一般の方の会話の中にも専門用語がたくさん使われています。

心理学が普及した背景にはスポーツの世界での普及が大きく影響していますね。

サッカー全日本の前監督、岡田武史氏が理想のチームとして

「選手ひとりひとりが輝いているチーム」をつくりたいとフロー理論を導入し

W杯の重圧やゲームでの連敗で逆境のドン底にあっても

岡田監督はエネルギー漏れの止血を考え一人一人そのままを肯定し

チームをフロー状態へと導いたのです。


W杯後、選手達はみんな

「最高のチームだった」

「もっとこのチームでやりたかった」

と言いました。


今、全日本がW杯に当たり前のように出場しているのは

この岡田監督のチームビルディングのフロー理論が大きく寄与しています。


選手が試合で最高のパフォーマンスを出すためには

プレッシャーの調整が重要です。


その鍵は「楽しむ」こと。

自分のポテンシャルを最大限に引き出すには

「頑張る」よりも

「楽しむ」の方がパフォーマンスが

上がるからです。



教育やビジネスの世界でも、今、この理論が導入されています。


脳の「集中」と「リラックス」を両立させた「楽しんでいる」状態「フロー状態」をつくることが

業績を改善する方法です。


あなたは自分の仕事やプレーを心から楽しんでいますか?


どのようにすれば自分の仕事やプレーを心から楽しむことができるでしょうか?


あなたにとって

「どんなに自分の時間を費やしても
遊びのように感じる仕事は何でしょうか?」


ジョン・C・マクスウェルは
アメリカでもっとも信頼されている「リーダーシップ論」の権威として
毎年25000人以上のビジネスマンを指導「リーダーのリーダー」と讃えられています。


企業や組織のリーダー育成

ビジネスマンの能力開発を手がける企業
「インジョイ・グループ」を創設。

また、影響力のある牧師としての顔を持ち、多彩に活躍中。

著書の累計販売数は1600万冊を超えるベストセラー作家です。


彼は37年、毎日14時間も練習を積んできていまようやく天才と呼ばれるようになったと言っています。

成功する人は常に練習を怠りません。


それは心から楽しむことをしなければ継続できないことです。


自分が取り組んでいることがどのように広がり
どんな影響を生むのかイメージしてみましょう。


みんなが喜ぶ姿
自分が感謝の気持ちに溢れる瞬間を想像してみましょう。


ワクワクした気持ちで楽しむこと自体を練習しましょう。


人並み以上の成功を収める人は人より「ちょっとだけ余分に」練習をしています。

それは人より楽しむことが上手い人なのです
「プラスα」の努力ができる人が真の成功をつかみます。



今日1日
楽しむことに意識を向けてみましょう。



Enjoyサッカー なべ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U−15BとのTRMで… Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる