Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS パス主体orドリブル主体? 攻撃と守備は?

<<   作成日時 : 2014/08/11 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ベースにしたいプレーです。

Enjoy

ファン・ペルシー(オランダ代表)が子供相手に個人技を魅せつける

http://youtu.be/Jihu_rS19Fo

このボールフィーリングがあっての、パスサッカーということ。

ん〜 奥が深い!

http://youtu.be/bU9zF_1VOWw

ペップ対ティト ということは?

戦術が大事ということ。

当然ですが、『技術なくして戦術なし』 なのですが…

やはり 『観る』 ということ。

メッシ、シャビ、イニエスタ、ネイマールが絡んだスーパープレーの連続
http://youtu.be/2NqBsjXnViY

イニエスタ凄さがわかるスーパープレイ集
http://youtu.be/HUcRfhFhZeQ

■東福岡の総体優勝は“キック”に理由あり
今大会でみえた育成年代が磨
くべきもの


東福岡がその圧倒的な力を見せつけて優勝を飾った全国高校総体(インターハイ)。
ベスト4に進出したのは東福岡、青森山田、大津、前橋育英と全国屈指の強豪で、

前評判でも優勝候補に挙げられていたチーム。
ベスト8に目を向けても、長崎海星以外は予想できた強豪校が勝ち上がってきた。


 今大会は『波乱なき大会』だった。
総括をするにあたって、ある視点から今大会を見ていくと、

今の高校サッカー界で改めて重要視されつつあることが、
勝利の大きなファクターになっていることが浮かび上がってきた。

 まずベスト4に出そろったチームに共通していることが、『しっかりと蹴れる』選手がそろっていることだ。
特に東福岡の蹴る力については、間違いなく今大会ナンバーワンだった。

それを組織として、個々の能力をつなぐための大きな有効手段として成り立たせていた。

 センターバック(CB)加奈川凌矢、左サイドバックの末永巧、
アンカーの近藤大貴、そして左ウイングの赤木翼と右ウイングの増山朝陽。

いずれもキックが強烈で、
30〜50メートルのミドルパスやロングパスをしっかりと通せる選手が各ポジションにいた。

彼らがドリブルやスピードなどの自分の武器を駆使しながら、
中央からサイドへ、サイドから中央へ正確なショートカウンターを繰り出していく。


選手たちの距離感が多少開いていても、ボールはスムーズに動いていく。
ダイナミックかつスピーディーな展開は、まるでプレミアリーグのサッカーを見ているような印象だった。

近代サッカーで重要性が増す“キックの精度”

かつて監督として、本山雅志(鹿島アントラーズ)らを擁し、
東福岡を史上初の高校3冠(インターハイ、全日本ユース、選手権)に導き、

『赤い彗星』という異名がつくチームを作り上げた、志波芳則総監督はこう分析する。
(今回の記事には載っていませんが… 尊敬する寺西さんという偉大な指導者が…)


「キックは近代のサッカーにおいて、すごく重要。
ポゼッションだけがうまくても、それだけでは打開はできない。

キックの距離が長くなればなるほど、それだけ自然と視野が広くなる。
大津のキックの精度も非常に高かった。

ライン際でそのまま縦に強く蹴れる技術が本当にしっかりしていた。
今は180度のキックを蹴れない選手が多い中、そういう選手がいるのは本当に強み。

前橋育英、青森山田、鹿児島実業もしっかりと蹴れる選手がいて、
組織としても非常に良かったと思う」


スペインサッカーが流行した功罪として、ロングボールを蹴るサッカーが古典的でトレンドではないような扱いを受けてきた。


確かに、ただ考えもなく、つなぐ技術がないがためにやみくもに蹴ってしまっていたら、
その論理は成り立つ。

しかし、全体をしっかりと見て、かつ相手の状況を見たうえで、ロングボールが『得策』と判断するのであれば、
それはショートパスよりも質の高い判断になる。



 サッカーが進化すると守備も進化する。
そうなると手数をかけて崩すには、相当な能力とレベルが求められる。

一番効率的なのは、手数をかけずにすばやく攻めるということ。
それはすなわちカウンターの精度を表す。

精度の高いカウンターをするためには、やはり高度な判断に基づいた、
高度なキックが求められる。


一見高いポゼッションをしているように見えても、
実は正確な長い距離のキックができない選手ばかりで、


『蹴りたくても蹴れないからポゼッション』という現象が起きているかもしれない。
もしそうであれば、それは質の高いサッカーとは言えない。



 理想は『蹴れるけど、ここはポゼッション』や、
『ポゼッションよりも蹴る方が得策だから蹴る』という判断に基づいたサッカーだ。



裏を返せば、ポゼッションを生かすも殺すも、
ロングボールを判断良く正確に蹴れる選手がいるかどうかに懸っている。


以上 なるほど…

シェアさせていただきました。 まだまだ、進化しそうですね?楽しみです。

http://youtu.be/1HBO2FxNiqE
ベッカムのロングキック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パス主体orドリブル主体? 攻撃と守備は? Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる