Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS グアルディオラ監督、W杯王者ドイツの模倣に警鐘

<<   作成日時 : 2014/07/28 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グアルディオラ監督、W杯王者ドイツの模倣に警鐘

ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)を率いるジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は、

W杯ブラジル大会(2014 World Cup)で優勝を飾ったドイツ代表チームを模範とするには、
より優れた献身や自らの哲学に対する辛坊強さが必要になると語った。

バイエルンがボルフスブルク下しテレコム杯優勝

バイエルンの米国ツアーに先駆けて電話会見に臨んだ43歳のグアルディオラ監督は、
W杯での失敗を受けて計画を再起動する事により、
その国のサッカーは、さらに遅れを取る危険を冒すことになると話した。

「どのシステムも良く、どのシステムも悪い。

イングランドの敗退とイタリア敗退はシステムが悪かったからでもないし、
ドイツは哲学が正しかったから優勝できたわけではない」


「どの連盟も、最高の施設を作り、選手たちの才能を開花させるための機会を作っていると信じるべきだ」


4年に一度のW杯の結果が世界中のチームの上に重くのしかかる中、グアルディオラ監督はどんな大会であれ、
1試合でも悪ければ夢はくじかれるものだと語り、

バイエルンの前に指揮を執っていたFCバルセロナ(FC Barcelona)での成功を収めていた間、
自身のアイデアがどれだけまねられたかに言及した。


「誰もがあれ(FCバルセロナの戦術)を手本にしたが、それは大きな間違いだ。
あれを手本とし、それでいつの日にか勝つことになる。とはいえ、それで負けることにもなる」


監督に辛抱し、選手に辛抱すればいつかは花開く」


 グアルディオラ監督は、W杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で優勝を飾った後ブラジルでは早期敗退を喫した母国が、全コーチングスタッフを変えず、哲学を変えなかったという決断を引き合いに出した。


「スペインは敗退したが、同じ監督と同じプレースタイルを継続していく。
彼らは再び復活するかもしれない。自分たちのやっていることを信じることが重要だ」



以上 ご参考までに…

日本の進むべき道は…?

メキシコサッカーには、野洲高校が日本一になった時に、山本監督がお手本と…

ザッケローニ氏が残したことも多かったと思うのは…?私だけであろうか?

選手とスタッフとの良好な関係作りが…

『伝え方』が… 情熱的なのか? 論理的なのか? 問いかけなのか?

正解はないのがサッカー… だが、威圧系からは、創造性は生まれないことが証明されたのかな?

かといって、規律のない自由も…? 限界なのか?

「自由と規律」=「創造性と管理」なのかも? いずれにせよ「信頼」が大切ということ。

だからこそ… 「チームビルディング理論」と「ボトムアップ理論」が…

そうそう「KB理論」と「NSK理論」と「ID理論」と「OSM理論と「KRF理論」と「UBG理論」と

「BZ理論」と「KI理論」と「TN理論」と「AD理論」と… さまざまな…学びから…

Enjoyサッカー なべ
グアルディオラのサッカー哲学
実業之日本社
フアン・カルロス・クベイロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グアルディオラのサッカー哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グアルディオラ監督、W杯王者ドイツの模倣に警鐘 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる