Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯ブラジル大会で浮き彫りになった日本の病巣 このままでは今後も惨敗が繰り返される

<<   作成日時 : 2014/07/16 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

W杯ブラジル大会で浮き彫りになった日本の病巣
このままでは今後も惨敗が繰り返される

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140714/268671/?rt=nocnt

興味深い記事が…

考えさせられます。


スペインのある指導者の方の「オフの関わり方」については…

正直、今回の日本代表選手の育成年代での「意識付け」はできていない…

にもかかわらず… 簡単に結果に対しての結論を出すということは?である。

なぜなら、解ったから…すぐに実践できるかというと… そうではない…

日々の習慣化から身に付くこともあるわけで…

では、指導者が選手への「どんな働きかけが必要なのか?」ということ。

外的コントロールではなく、批判や脅迫でない、選手への働きかけである。

Onの技術だけの限界も知るべきということは、今回のブラジルからも… 考察できるのでは?

全員が、ネイマールにもなれないし、メッシにもなれないということ。

じぁ、日本代表レベルだけでなく、日本のサッカーの育成に携わる色んな方々が語り合い…

今回の結果を受け止めることが必要ではないだろうか? 問題の共有と共鳴が必要ということ。

ドイツにオランダとスペインの匂い(エッセンス)を感じたのは、私だけなのでしょうか?

Enjoyサッカー なべ


ブラジルW杯ドイツ優勝の影にひとりのオランダ人コーチの存在がありました!!

ドイツ代表が2000年の欧州選手権にて惨敗を喫した際、
ドイツサッカー協会はこれまで行ってきたフィジカルを全面に押し出した過去の育成方針に限界を感じ、
全てを革新することを決定。


それに伴い、当時テクニカルディレクターを務めていたマティアス・ザマー氏は、
オランダ人コーチのマルセル・ルーカセン氏を抜擢し、全育成世代のナショナルチームへ、
テクニックトレーニングの効果的指導体制を導入することに成功。


同氏の功績により、驚異的なサッカーのテクニックを持つ現在のドイツ・トッププレーヤー、
今回のブラジルW杯優勝の立役者であるエジルやゲッツェ、ミュラー、ケディラらが輩出されました。


そのマルセル・ルーカセン氏が来月9、10日に初来日し、
「サッカーのテクニックトレーニング」ベーシックコースを日本初開催致します!!


【セミナー日程・会場】
8月9日(土) 9〜17時 <大阪・J-GREEN堺> ベーシックコース

http://www.worldfootballacademy.jp/events/technique_basic_osaka_2014/

8月10日(日) 10〜18時 <横浜・スポーツ医科学センター&しんよこフットボールパーク> ベーシックコース
http://www.worldfootballacademy.jp/events/technique_basic_yokohama_2014/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯ブラジル大会で浮き彫りになった日本の病巣 このままでは今後も惨敗が繰り返される Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる