Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS U-14トレーニングマッチ (5月10日)

<<   作成日時 : 2014/05/01 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

U-14トレーニングマッチ (5月10日) 予定です。

今月も個にこだわるチームとのTRMをお願いしました。

そのチームは、福岡県筑豊地区のオリエントさんとFC NEOさん…

北九州市の浅川中学校さん。


公式戦の映像から…(オリエントFCU−13さんの試合映像から)

http://youtu.be/j2dNSbDr2HM


ある方から、TRMの風景を観られた感想から… いろんな、コメントをいただきましたが…

私は、個の育成という部分では、学ぶ点があるような?!


昔、世界一のドイツが そうであったように…

そこから、隣国のオランダやスペインが… 何かを模索しながら…


なにかヒントがあるような気がします。

この年代で身につけたい大切なこととは…

参考記事として…


さぁ、このTRMから… どんな、トライを?

強制されるのではなく… 感じることが大切なような…


ある方のコメントから(Facebookつながりから) シェアさせていただきます。

自分と向き合うということ

【心】
何を目指し!
何と戦うのか?
自分自身の心の弱さと向き合い、心の弱さと対峙させる必要がある!

【体】
上下肢動作の分離!
体の使い方!癖!
どのような取り組みの習慣で癖を改善するのか!
自分自身の体の特徴を知る必要がある!

【頭】
複数のことを同時に感じられる頭にならなければならない!
いろいろな状況を設定し、常にいろいろな選択肢を持つことのできる
「準備と頭」、とても大切です!

だから、うちの場合、ゲームばかりしているわけにはいかんのです!

【イメージ】
パス!パス!パス!
いくつのイメージを持って、いくつの選択肢から決断しているのか!
いくつもの選択肢を持てる選手に!今、時間をかけて、いろいろ考えて!

【相手の考えていることを感じる】
今、すぐにパスばかりしていたら、相手が何を考えているか感じる脳にはならないと思う。
よく見て!よく見て! しっかり感じて!

【相手とギリギリの駆け引きをしようぜ】
細かいことは書かん!これに尽きる!

【判断を変える】
ギリギリで判断を変えられますか?
ミスを恐れず、ギリギリまで駆け引きしてみようぜ!

【技術を使う】
ドリブル!フェイント!キックの種類!
ゲームで使わにゃ意味ないでしょ!
やろうぜ!やろうぜ!【基礎】
最後の差は基礎基本の差ということもあるでしょう!
今、基礎基本に徹底して取り組まなくていつやるのでしょう?
普通になっていく!消えていく!多くの選手が足りないことだと思うのですが。
                Kasuga Eagles Football Club U-14 2014

【ボールを置く位置】
ボールをいつも同じ位置に置けない。
実は身体能力でズレに対応している。
だから身体能力が僅差になるユース年代以上で厳しくなっていく。
いつもいつでもボールを同じ位置に置けるように!
繰り返し!繰り返し!繰り返し!しかないのです。
全国に極々稀にいるスーパー以外は。

【限界スピード】
人間の体は、実はもっと速く動くものです。
もっと速く動かしたい。人よりも、もっと速くボールを触りたい。
タッチ数を増やしたい!と真剣に思い、継続できるか!勝負ですねぇ〜。【よく見る習慣】
チラチラボールに目を落としている場合ではない。
常に状況が変わる競技!目からの情報量は大変重要です。

【感性を高める】
目だけじゃないでしょ!
耳から得る情報量をどのように高めているの?
先で困らない為に耳からの情報をどう広げていくのか?

【よく感じる習慣】
ボールを2m動かしたら何がどのように変化しているのか?
簡単に!簡単に!は後からでもできるもの。
今、「感じさせて」「気づく脳を求めて」

【複数の発想を持つ習慣】
「右もあるし左もある」
「前と思わせて後ろも」
「体の向きは右だけど、実は違ったところを狙っている」
「わざとボールを違う所に置いて誘ってみる」
「3m先ではなく30m先と駆け引き」

【取り組む習慣】
何時間もかけてトレーニングして悪い癖の上塗りは本当に大変。
後で取り返すことが難しくなる選手が多いこと。


以上 勉強になります。

Enjoyサッカー なべ

U−18年代のサッカーもご参考までに…

http://youtu.be/Zt6jTnTH77E (高校サッカー)

http://youtu.be/X-IsRBR7BGs (U-17代表)

一人ひとりが慌てずに、アイデアを持って、プレーを大切にしながら… 闘うということ。

日本人の日本化ということ…

何が、強みなのか? ただ、同じ日本人でも、三者三様といことも… 配慮しながら…

 大切なのは、何を感じて、何を目指しているのか?

それをサポートするのが… コーチということ。 まず、選手自身がどうありたいのか?


根をはるためには、水を沢山やりすぎないということが…

将来、綺麗な花を咲かせるために必要なことだということ。

昔、セルジオ越後さんが、サッカー教室で「水をやりすぎた木は枯れる」というお話を…

実は、論理的な指導に関するお話を、皮肉たっぷりに… という時代がありました。


授業時間 100%活用 スポーツ脳はこう鍛えろ!
中央経済社
小倉 勉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 授業時間 100%活用 スポーツ脳はこう鍛えろ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-14トレーニングマッチ (5月10日) Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる