Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「すべて伝え理想をつかむ」

<<   作成日時 : 2014/02/28 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界の最先端のサッカーでバルセロナ(スペイン)を2度、欧州王者に導き、

今季からドイツのバイエルン・ミュンヘンを率いているグアルディオラ監督は

短い時間でそのサッカーをモダンなものに変えた。

しかも国内リーグで現在、21戦無敗と結果を残している。


 いったい、どんな練習をしているのか。

サッカー関係者なら、のぞいてみたくなる。

柏の強化責任者である吉田達磨ダイレクターは先月、

カタールで合宿中のバイエルンが練習を公開で行うと耳にし、視察に飛んだ。


 練習メニューに目新しいものはなかった。

強烈に印象に残ったのは監督が漂わせているもの、

ピッチに立つ姿勢、選手への向き合い方だったらしい。


「オレはサッカーが好きでたまらないんだと感じさせるものが監督の体からあふれていた」という。

そのうえで、きわめて細かな注文を出し続ける。

相手は各国の大物選手だというのに、子どもに説教をしているようだったという。


 プロにはプライドがあり、プレースタイルが確立されている。

それを無視し、うるさく要求を重ねたら角が立つ場合もある。

グアルディオラ監督はそんなことはお構いなしで、

自分が描いた理想を実現させるために必要なことはすべて伝える。


 育成組織で長く指導してきた吉田ダイレクターは「選手のキャリアは尊重するけれど、

遠慮すべきではないということなのでしょう。

相手が子どもだろうが、プロだろうが、選手の扱い方を変える必要はないということを確認できた」と話す。


 グアルディオラ監督は選手を百パーセントフェアに扱っているともいえる。

それはともかく、遠慮なく身近に迫ってくる監督から、最新の理論を次々と提示され、

選手たちは少年時代のようにサッカーが楽しくてたまらなくなっているのではないか。


以上

ご参考まで…

Enjoy football なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「すべて伝え理想をつかむ」  Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる