Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS Facebookつながりから…

<<   作成日時 : 2014/01/22 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

K県の県立H高校サッカー部の監督さんのコメントです。

共感!



みなさん、おはようございます。

今日は朝掃除からのスタートでした。

地域の方との朝の挨拶は本当に気持ちがいいです。

掃除中に気づいたことがありました。

あるグループ(チームの中心メンバー)が枯れ葉を掃いていました。

しかし、枯葉の行き先は道路から山側へ戻すものでした。

自然にかえすのだから、悪くはないかなと思っていましたが、

山に返せないごみ、缶やタバコの吸い殻の塊が道路の脇によけてあり、

それはどうするのだろうとみていると、誰もなにもせず、次のところに掃きに行きます。

いよいよ終了時間になり、どうするのかみているとみんな気にはなっているけれどそのままです。

誰かが動き出すのをみな待っている感じなので、助け舟を出しました。

「おい、どうするのそれ?」やっと、一人がきっかけをもらったようにちり取りを取りに行きます。

これで、合点が行きました。

人が多いと「きっと誰かがやるだろう」という心理状態がはたらきます。


これを心理学ではリンゲルマン効果というらしいのですが、我が選手たちはそれが至る所で如実に表れます。

試合中、複数人数で囲むものの、逃げられることが結構あります。

これは、ファーストプレーヤーが決まらないのです。

「誰かが行くだろう」なんです。ふたりなら、案外奪います。

これはファーストとセカンドの関係がはっきりしているから。

3人以上だと逃げられるんです。


やはり、日常とピッチはリンクしています。


枯葉の掃き掃除だって、他のゴミまで想定できていないのです。

だから、ちりとりも、ゴミ袋も持ってこない。

準備不足になります。

試合でも、展開は素晴らしいが、シュートがだめ。

これは、途中はいい=掃き掃除まではいい、しかしちりとりがない。

シュートが上手くいかない。

最後のところがダメなんです。

本当にピッチ内でのことは全て日常事とリンクしています。

改めて、サッカーは全てで上手くなることを確認いたしました。

あさの感謝活動からでした。

以上


なるほど…  

私も、サッカーはサッカーで上手くなるなんてJFAが言ってるうちは、ダメなような気がします。

Enjoyサッカー なべ



◆不安について

不安は常に存在するもの。

世の中的なポジティブ思考で解決できません。

不安は、「状態不安」と「特性不安」に分かれます。

前者は、一過性で変化しやすい不安、

後者は、比較的日常的に感じている不安、です。

選手にも不安があり、緊張、失敗や負けを予想する

ことで不安が発生します。これを「競技不安」と言います。


競技不安も、状態不安と特性不安に分けられます。

不安を測定するテストが何種類かあります。

レベルの高いゲームや試合では、技術、体力が拮抗

していますから、競技不安の処理能力が勝敗を分けます


「練習でうまくいっても気持ちがついてこないと

結果は出ない」と心理面の不安を挙げる選手は多いです。


技術、体力の強化が科学的発展を遂げている一方で、

スポーツ心理学への認知が遅れているのは残念です。

トップレベルだけでなく、広くスポーツ心理学を…



さて…

不安を取り除くためには… 

日ごろからの取り組みは…

サッカーだけからでしょうか?



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Facebookつながりから… Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる