Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS あるJ2監督の退任から

<<   作成日時 : 2013/11/28 13:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年9月15日の札幌戦から監督という重責を任され、

10試合を選手・スタッフ達と共に闘い抜き、7勝1敗2分という成績を…

昇格の可能性が潰えても戦う姿勢だけは崩さない

それがプロの仕事。お客さんの期待に全力で応えることこそがプロの仕事なのだと、

常々、選手たちに説いてきた。

かつて96年から99年に京都のゼネラルマネージャーに就任しては、

当時監督だったハンス・オフトとやり合った過去がある。

剛腕、松本育夫氏らしく、あのオフトと喧々諤々やり合ったのである。

緩んだ試合など松本育夫が許さない。

消化ゲームを消化ゲームに終わらせてはお客さんの期待には応えられない。

熱き魂を、絶対に見逃すな…


≪松本監督語録≫

「最新の指導。戦術を追っかけると、本質的な闘いでは負ける」

「今の指導者や選手達は、本当に人生をかけているのか」

「結局は、一歩で笑って、一歩で泣くんだよ」

「サッカーはどれだけ進化しても、止めて、蹴って、走れない奴は戦えない」

それに「闘わない奴はピッチに立つ権利はない」


熱くサッカーの原点を語られる… リスペクト!

「温故知新」

Enjoyサッカー なべ



数年前までの自分…

笛を吹いて指示をして、指導しちゃって… 

指示待ち選手を多くしてしまい…

いろんな指導者の方々の出会いから… 気づかされて…

なんとなく、言葉が少なくなって…  憧れの指導者に1歩でも近づこうと… 勝手に思い。

もう、大人の指示を作戦ボードを観ながら、体操座りして利いてる選手たちにはしたくないのです。

なぜか?

個々の意識の高い選手がたくさんいるのですから… 自分たちで問題解決することが…

決して、放任というわけでなく…


先日の小学1年生を対象としたサッカースクールでは…

こちらの提案したメニューに選手をのせようとしてしまって…  私自身の失敗が…

そこで…

まずは、選手自身の「気づき」を我慢強く待つ姿勢から…

そうすると… 子どもたちは、自分たちからアクションを起こしたのでした。

 自分たちで問題解決しようとするのです。

その日の集中したゲームは、60分のTR中、たった10分だったのですが…

(凝縮された10分で… その集中と迫力は… )

その後、こどもたちとの会話の中で、基準になるものが徐々に変化が見えてきた。

上手くいく自分・いかない自分、それを一人一人が、どうしようかと?

問題意識が… なかには、まだ、仲間の責任にしたり…

ある子は、「パスがこない」とか「ボールを奪えた」とか「シュートをうてた」とか

「ドリブルできた」とか

 少しづつ少しづつ成長している姿に…○○である。

なにより、「時間を大切にしよう!」と、子どもたち自身が発言して… 

なぜなら、好きなサッカーのゲーム(試合)をもっとやりたかったから… っと


 時には熱く冷静に… 導けるように… 

それぞれの100%を大切にしながら…

ですよね… 松本さん。

Enjoyサッカー なべ


年明けに、Hさんの企画で、福岡大学にてクラマー氏の講演が企画されているようです。

楽しみです。 

「温故知新」

 当時、MFゾーンでのドリブルは禁止と言われたそうだが…

今の日本の育成事情からすると、どういう答えがでるのでしょうか?


また、指導者は、何を選手に提案し、選手は実践するとしたら、

タレント(才能)についてどんな意見をおもちなのか?


指導者は、どのくらいの割合で選手の直感(インスピレーション)や創造性に委ねるられるべきなのでしょうか?


近代サッカーの中で発展してきた要素は何だと思いますか?


選手の知覚能力についてどんな意見をお持ちですか?


その能力が向上するよう練習では、どんな状況設定をするべきだと思いますか?


狭いスペースでのプレーの発展を育成年代の選手にどうやって習得させるのですか?


指導者が示す基準というのがベースになってくると思うのですが、より自動的に(オートマチックに)なるようにしているのか、それとも異なるプレー状況をきちんと解釈できるようにしているのか、それとも違う方法をとるのか?


どんな技術・戦術要素が現在の育成年代の選手に足りないと思いますか?


もっと育成年代から取り組むべきことはあるのか?


将来を約束された才能のある選手が、最終的にエリートレベルに到達しない原因はどこにあると考えますか?


指導者が、サッカーをEnjoyするとはどういう意味で使われていると思いますか?

また、そのコンセプトをどのようにすれば育成年代の選手に誤解されずに伝えるられると思いますか?


チームとしてのプレーモデルやプレースタイルを打ち出すことは重要なのでしょうか?


試合で起こる状況に練習をあわせることは、選手のプレーの理解を深めるため必要なことだと思いますか?


育成年代の指導者の役目は、自分の能力には限界があると思っている選手にそうではないことを理解させ、
あきらめずにチャレンジすることを促し、内面からそのチャレンジを楽しむことができるように仕向けることだと思うのですが…


どのようにして選手の創造性や才能を刺激するのでしょうか?


選手はどのようにモチベーションを上げるべきなのでしょうか?


選手の自己批判、自己否定についてどう思われますか?


日本サッカーについてどう思われますか?


チームとして最大限のパフォーマンスを発揮するために、その国、地域、文化に合わせてプレースタイルを調整するべきだと思いますか?


未来のサッカーは、どうなると思いますか?



自分の指導方法を大切にし、

さらに伸ばしていきましょう。

そのままとどまるのではなく、

もっと新しいことを発掘していきましょう。

あなたはその才能があるのだから…



Enjoyサッカー なべ

大学の大先輩も、日々、学ばれているということ。

http://www.jfa.or.jp/coach_referee/topics/2013/92.html

頑張ります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あるJ2監督の退任から Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる