Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 伸びる人の条件

<<   作成日時 : 2013/10/08 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「伸びる人の条件」

 それぞれの世界で

 それぞれの一道を

 切り拓いてこられた方々の話は

 多岐にわたり、

 実に魅力に富んでいたが、

 その人たちが共通して

 言われることがあった。


 伸びる人の条件である。

「どういう人が伸びますか」

 という質問に、

 職業のジャンルを越え、

 その道の頂点を極めた人たちが

 一様に答えたのは、


「素直な人が伸びる」

 というシンプルな言葉だった。

即ち、素直な人でなければ

 運命を伸ばすことは

 できないということである。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 セイコーの創業者、

 服部金太郎の若い頃の逸話がある。


 金太郎が奉公していた商店が

 倒産しかかった。

 すると、金太郎は自分の預金を全部、

 主人の前に差し出して言ったという。


「これはお店からいただいた

 給金の残りですから、

自分で勝手に使ってはいけないと思い、

 貯めていたものです。


 それがお店のお役に

 立てていただけるなら、

 この上の喜びはありません」


 この心のありようには

 気高いものさえ覚える。

 この気高さが金太郎の人生を

 大きく発展させた

 礎になったことは確かである。


稲盛和夫氏が一貫して説いてこられたのも、

「心を高めない限り、経営は伸びない」

 ということである。

その哲学は

「才能を私物化してはならない」

 という一語に顕著である。


 才能は天から与えられたものだから

 公のために使うべきで、

 私のために使ってはならない

 というのである。



 稲盛哲学の真骨頂である。

 心をその高みに置くことで、

 氏は今日の偉業を果たしたのだ。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 心のありようが

 いかに大きな人生の差異となるか。

 その事を肝に銘じ、

 自らの心を高め、

運命を伸ばしたいものである。



「人間とはかくあるべき」と
 説き諭してくれる


 王貞治(福岡ソフトバンクホークス取締役会長)

 私たちは時代の波によって、

 つい右に行ったり、

 左に行ったりと流されてしまいがちです。


 そうしたものに惑わされず、

「人間とはかくあるべきだ」ということを

 説き諭してくれるのが『致知』です。

 ぶれない基軸を持つということが 

 いかに大事であるか、

 私のような年代になると

 特に強くそう感じます。


以上


共感! なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伸びる人の条件 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる