Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 心エントリー  宮本武蔵(天下無双)

<<   作成日時 : 2013/09/19 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本番で力出せない選手がいるという話。

よく聞く話だ。

それは、

日々やりきっていないから、「プレッシャー」を感じガチガチになり、

すべてを注いでないから、「自分への確信」を持てず、

誰にも負けない時を過ごしていないから、「あれもやってない!これもやってない」と不安になる
のだ。


「実力が出ない」のではなく、

適当にやっていて「力がない」のだ。



今から400年前。


宮本武蔵が対決をする時、あがったり、緊張したり、興奮したりしていたら、

連戦連勝は出来るはずもなく、とっくに彼は命を落とし歴史は変わっていたはずだ。


ギリギリの時をやりきったモノを持つ男は「無」になる。

空の心には善があって悪はない、智恵があり、道理があり、道があって、はじめて心は空である

(宮本武蔵著 五輪書・空の巻より)という。


それは戦いまでの日常をどう過ごしたか。

それに尽きる。



100回やって95回しか出来ないから不安が出るんだ。


勝負は試合前にほとんど決まっている。


弱い選手は、さきに楽をし、あとで後悔する。


練習嫌いはサッカーには向かない。


一途でない男はスポーツに向かない。



以上  

共感です。

*******************************************

一切の甘え捨て、厳しい稽古と命懸けの決闘を通じて剣術の奥義を窮(きわ)めた宮本武蔵は(実際の60数回の決闘は年齢13歳より28歳までだといわれる)、

晩年になって初めて心の安らぐ平穏な日々を迎え、自らの生涯を振り返り、『五輪書』とともに『独行道』を遺した。


宮本武蔵の自省自戒を込めた「独行道」二十一箇条。

一.世々の道を背く事なし
 (世間の道理には背かない)

一.身に楽しみをたくまず
 (娯楽や遊興を求めない)

一.万に依怙の心なし
 (すべてに対して頼る心を持たない)「えこ【依怙】・えこ‐ひいき【依怙贔屓】」

一.身を浅く思い、世を深く思う
 (自分のことはさておいて、社会のために尽くす)

一.一生の間欲心思わず
 (生涯、身を焦がすような欲望は持たない)

一.我事において後悔せず
 (自分の行った行為については、決して後悔しない)

一.善悪に他を妬む心なし
 (善悪の道徳的な判断で他人をねたむ心は持たない)

一.いずれの道にも別れを悲しまず
 (会うものは必ず別れるときが来るという真理を知って、いずれの道を歩もうとも別れを悲しまない)

一.自他ともに恨みかこつ心なし
 (人は互いに恨み嘆くような心は持たない)

一.恋慕の道思いよる心なし
 (思い募るような恋の道には、思いの心を寄せない)

一.物ごとに数寄(すき)好む事なし
 (風流の道といった趣味を好まない)

一.私宅において望む心なし
 (自分の家には執着しない)

一.身一つに美食を好まず
 (健康を保つために美食は避ける)

一.末々代物なる古き道具所持せず
 (代々の家宝となるような骨董品は持たない)

一.わが身に至り、物忌みする事なし
 (不吉なものを避けるようなことはしない)

一.兵具は格別、世の道具たしなまず
 (道具は自分に合ったものをもちいる)

一.道においては、死をいとわず思う
 (兵法においては常に生死を念願において、死ということを覚悟する)

一.老身に財宝所領用ゆる心なし
 (死に行く老体には、一切の所有物はいらない)

一.仏神は貴し、仏神をたのまず
 (神仏は崇拝するが、頼むようなことはしない)

一.身を捨てても名利は捨てず
 (身は犠牲にしても、その結果の名誉と利得は追求する)

一. 常に兵法の道を離れず
 (兵法の道を常に鍛錬する)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心エントリー  宮本武蔵(天下無双) Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる