Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS プレーの細部にこだわるA

<<   作成日時 : 2013/03/11 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の場合は、お互いにプレー強度の意識が低い状況でサッカーをしているということ。

これは、悪い習慣づけとなってしまう。

では、「プレー強度が高い」とは?どういう状態か?

思い切ったプレーや無謀ではなく果敢に立ち向かっていくこと。

規律正しく、おとなしくプレーするばかりではなく、勇気をもって試合に臨むことが大切。


大前提として「サッカーは闘い」です。


2チーム(=22人)にボール1ケしか与えられないのですから、

勝負に勝つには、ボールの奪いあいに勝たなければなりません。

アグレッシブにプレーするとは単に相手に体をぶつけたり体を入れたりする身体的なものではなく、

相手を打ち負かす、乗り越えるという精神的な強さともいえます。

その中で、プレーの連続性を持たせ、主導権を握るのです。


そのためには、自分のストロングポイント(特徴)や気持ちの強さ(メンタルタフネス)を全面に押し出すことが必要です。

そして、試合だけでなく、普段=練習にも…

練習を淡々とこなすだけではダメです。

パスミスをして、「ごめん」では許されないという環境=プレーのひとつに責任が伴うこと。

謝る時間があれば… ボールをすぐに奪いに行こう!

レベルアップには、アグレッシブにプレーすること。

判断力を身につけること。

1つの状況の中には、数多くの選択肢や細かいプレーがあり、その質を上げなくてはいけないのです。

Enjoyサッカー なべ




感じれない選手(フィーリング=ボールウォッチャーかな?)・仲間と問題を共有できない(コミュニケーション)

判断の悪い選手は… どうサポートを…

判断する前に少なくともたくさんの情報、つまり選択肢をもつことができていれば…

判断の悪さは改善できます。

最近の私は、オン・ザ・ボールの技術も当然ですが、オフ・ザ・ボール時の選択肢を持つことの重要性を痛感しています。

それは、ドリブルから… とか、早く離す… とかという問題ではなく…

選手自身が、自分の判断で、多くの選択肢を持つことが重要であって、判断を誤りつづけることよりも重要ではないでしょうか?


固定されたポジションにとらわれることのなく動き、ポジションチェンジしながらもチームとしてバランスを保ちながら

そんなサッカー(FootBall)を…

勝つことだけが、楽しいと感じるのでは?

負けても楽しいサッカーもあるのです。=こだわり… (未来への)


日本サッカー ミッドフィルダー論

you yubeより

http://youtu.be/RjYdTQB36bc

http://youtu.be/8OgNNDbj8Ck

http://youtu.be/NkUV2zNxvbU


サッカーへのシンプルな考え方のヒントになりそうです…


『前へ できるだけ速く前へ… そして、人数をかけなくてもSimpleにゴールを目指すこと』

だんだん主流になっているようです。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレーの細部にこだわるA Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる