Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ヤングなでしこ活動日記】笑顔の理由と裏づけ

<<   作成日時 : 2012/09/19 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ヤングなでしこ活動日記】

笑顔の理由と裏づけ

その光景に驚く韓国イレブンを尻目に、ヤングなでしこイレブンはピッチに向かって行った。.

画像


試合前の両チームの雰囲気は対照的だった。

固い表情で何度も声を出し、気合いを入れていた韓国に対し、

「楽しもう」を合言葉にハイタッチを繰り返しながら笑みを浮かべる日本の選手たち。



韓国戦の前夜、恒例の選手ミーティングが行われていた。

攻守において個人として、チームとして何をすれば良いのか。

お互いの意見や思いをぶつけ合いながらどうしたら勝てるのかを話す。

こうしたことの繰り返しが雑念を取っ払い、プレッシャーを拭う。

だからこそ彼女たちは大舞台でも臆することなくほほ笑んでいられるのだ。

何ごとにも裏づけや理由があるということだろう。

画像


日ごろから吉田監督は、

「冷静に自分たちの良さを出せば、絶対に勝てる」

とチームに語りかける。

選手たちからの自主性に期待する指揮官は、

決して押さえつけるようなことはせず、

公私において大人へと移行していく彼女たちを温かく見守りながら成長をうながしている。.


ひとたびピッチに立てば、まだあどけなさが残るヤングなでしこたちの表情は一変する。

心に刻み込むかのように「君が代」を斉唱し、その後の円陣で気合いを注入。

そしてキックオフの笛が鳴れば、冷静で正確な状況判断とたぐいまれな技術で、

自分たちより20cm以上も大きな相手でも手玉に取って対戦国を驚かせ、観客を魅了してしまう。.


オンとオフのギャップ、

それこそが吉田ジャパンの魅力であり、強みだと言える。


U-20女子W杯で初のベスト4進出を決めたU-20日本女子代表は4日、

前回大会の女王ドイツと準決勝を戦うこととなった。

それぞれがチームのために自分の役割を果たしながら、

彼女たちはいつもと同じように笑顔を見せてくれることだろう。夏の夜空に輝く大輪の花火のような。

****************************************************

今日、U-14大会=クラブ新人戦の抽選会が行われる。

1年生大会の結果を参考にされるということですので、

もちろん、ノーシードです。

そのレギュレーションの中で、どんなチャレンジができるか?

チームとして… 個として…


この大会に望むにあたり…

「美しいサッカー」

「華麗なパス回し」だけではなく、

「泥臭くボールを追う」こと、

「最後の最後まで諦めない」こと、

「ひとつひとつのプレーを心を込めて行うこと」を…

Enjoyサッカー なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ヤングなでしこ活動日記】笑顔の理由と裏づけ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる