Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 本田 圭介のメッセージA

<<   作成日時 : 2012/09/14 16:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本物について、海外でこんな経験をした。

海外では1度応援し始めた人を、最後までしっかり応援する文化がある。


サッカーでも同じ。

いい時はまつりあげて、少しでもだめになったら捨てるように扱うのは日本だけ。

オランダで、あるチームに実績十分のベテラン選手がいた。

ただ、その選手は開幕からしばらくパフォーマンスが物足りなかった。


日本だったら「もうあの選手は終わった」と言われたりする。

でも、オランダの監督やコーチたちの声は違った。


その時、聞こえてきたのは「いい選手であることに疑いはない」という言葉。

すごく冷静な分析だったと思う。


マスコミも「技術のある選手が明日(技術が)なくなることはない」と伝えていた。

サッカーの本質を突いていると思った。


マスコミも、監督や選手も「君たちはあの選手がどれだけ貢献してきたか忘れたのか?」という論調。

これこそ、本物だと思った。



 日本は芸能人であったり影響力のある人でも、政治家でなければ、政治のことをしゃべるとたたかれる。

「なんで?」と思う。

オレが政治についてしゃべったら「本田、スポーツ選手のくせに政治を語るな」と、たたかれるはず。

多分、世の中の大多数がそう思うはず。



でも、そうではないんじゃないか。

オレも日本国民。

政治のことを語る資格があるはず。

日本をこうしたい、と思うことをしゃべる。

それが真剣な発言だったら、足を引っ張るんじゃなく、

議論する環境をみんなで前を向いて作っていくべきなんじゃないか。


今は、何でもネガティブにとらえ、悪いところをクローズアップしてしまう。

これは日本の悪いところだと思う。


もっと素直にならないといけないし、もっと謙虚にならないといけないと思う。


 もちろんオレはサッカー選手。

サッカー選手としてピッチの上で結果を出す、それが今の自分に一番求められていること。

そこはもう最低条件だと感じている。

結果を出さないと意味がない世界で生きている。

何を言おうと、オレが試合に勝たないと、オレが点を取らないと、オレがゴールに絡まないと、はっきり言って説得力はなくなる。



ただ、オレはまったく結果が出ていない時から、まわりにこう思う、と言い続けてきた。


中学の時から「W杯で優勝する」と言っていた。

その姿勢を変えたことは1度もない。

今後もし結果が出なくても、W杯にケガをして出られなくなっても、オレは言い続ける。

これがオレだから。



「何を本田、エラそうに」と批判されても、構わない。

そうやって生きてきた。

それが本質だと思っている。



誰にでも意見を言う権利があるということを、伝えておきたい。


「サッカー選手で、日本代表の本田だから言える」のではない。

オレたちの世代も、みんなどんどん意見を言ってほしい。

そして、みんなが聞く耳を持ってほしい。オレは今、そう言いたい。

 [2012年9月14日11時1分 紙面から]

以上  共感…

豊かなスポーツ文化を… スポーツの力で…

Enjoy Life なべ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本田 圭介のメッセージA Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる