Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 育成の第一人者が語る「世界で活躍する子」の育て方

<<   作成日時 : 2012/08/09 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロローグ 「なぜ?」と考えなければメッシは育たない。


第1章 思考力を鍛える「答えを与えない」コーチング


第2章 「成功」には偶然もあるが、「成長」には必然しかない


第3章 自分に負けない「こころ」を育てる


第4章 経験を「成長」に昇華する、それが「振り返り」


日本のメッシの育て方
経済界
上野山 信行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本のメッシの育て方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




今、いろんな指導者が、いかに指導者自身が、進化するかを問われるような内容の本を見つけました…

池上氏の本と共通した部分が…

自分で考える力を… 大人がサポートするということ…

自分のイメージ通りに選手を動かして結果を… ではなく…

選手自身が自分のプレーに責任をもってプレーするということ。

上下関係ではない…。 何が正しいとか… こうしなければならないとかでなく…

それは… 選手の自立という観点から… 

彼らが… これからの日本を支えるという観点から考えると…

堀越高校は、ボトムアップのチームへ変革されているとか…

なにか共通した取り組みがあるのではないでしょうか?

いろんなアプローチがあるとはいえ? 答えがないスポーツとはいえ?

ある方から… Facebookつながりから

生徒に、たくさんの楽しいイベントや旅行を体験するように言う学校と、

逆に、生徒にがんじがらめに勉強ばか;りするよう言う学校では、

どちらが成績があがると思いますか?

前者なんですね。

私が通った中学、高校もそうでした。

いつ勉強する;の?っていうくらい楽しい行事や旅行がいっぱいありました。

私の妹の学校は逆で、楽しみはおあずけで勉強一筋。

最終的に、多数;の成績優秀な生徒は「楽しい学校」から生まれたのでした。

これって会社や仕事にもあてはまると思うのです。

自分にご褒美を!楽しみっていうニンジンをかかげて、今は今やるべきことに没頭する!です。


…… なるほど


Enjoy なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
育成の第一人者が語る「世界で活躍する子」の育て方 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる