Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 他力と自力

<<   作成日時 : 2012/07/04 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

力を合わせましょう


自分では何もせず、他人まかせにして頼ることを「他力本願」といいますが、

本来の意味は違います。


 元々は仏教用語で、辞典には「衆生(生けるもの)を救おうとする阿弥陀仏(あみだぶつ)にすがって

極楽往生(ごくらくおうじょう)すること」とあります。


「他力」の反対語は「自力」です。

自分の修行によって悟りを開こうとすることを「自力」と言いますが、

自力で悟りを開こうとすることは難しく、

仏に助けを求めるのが「他力本願」です。


 自分では何もせず、他人に頼る人がいます。

逆に自分に自信のある人は、人まかせにできずに、すべてを自分だけでやろうとします。

 大切なのは両方のバランスです。


自分の力を発揮しつつ、他人の力も借りることによって、

より良い仕事ができるのです。



 どちらか一方への偏りは、スムーズな仕事の流れを妨げます。

おおよその目安として、自力七部(じりきしちぶ)、他力三分(たりきさんぶ)のバランスを意識してみましょう。


サッカーとは、一見なにもつながりがないと…?

チームビルディングのプロセスとして… 

大切な○○なのではないかと… 

なぜなら、プレーをする『人』? と考えた時…  

だからこそ…  世界のTOP10を目指すからこそ… 日本の昔ながらの考え方の素晴らしさから…

なべ





自力と他力 (五木寛之こころの新書)
講談社
五木 寛之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自力と他力 (五木寛之こころの新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
他力と自力 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる