Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀

<<   作成日時 : 2012/05/22 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKのプロフェッショナル

仕事の流儀




サッカーの岡田監督でした。




『選手が気付くまで待つ』



選手に自由を与える!

考えさせる!

意見を聞く!

気付かせて意見を言わす!

答えを与えない!



やはり選手が自ら考えて練習やプレーをできるようにならないと〜



指導って、まだまだ、やらされている指導が多いな〜って思っています。

それで、結果が出ても…




奈良のD高田の現ユース監督のN先生の口癖は…

おい○○君

『我慢せいよ〜』

『我慢してるか〜?』 って



Enjoyサッカー なべ

岡田は練習中、選手たちに「ああしろ、こうしろ」という指示をほとんど出さない。


選手自らが「自分たちがどうプレーすべきか」を考え、気づいていく過程を重視する。

それは、チームを指揮官の器以上に育てたいと考えるからだ。



目の前の結果を求めて、すべてを指示し、答えを与えてしまえば、選手は自分で考えることをやめてしまう。

それでは選手の独創的なプレーは消え、いずれは成長の限界にぶち当たる。



だから岡田は、選手にやり方を強制せず、気づきを促していく。

目の前の結果を求められるプロの世界。

その中でも、岡田は辛抱強く、そのやり方を貫いていく。


2月、練習試合を前にしたミーティングで、岡田は「ボールをどう回すかは、自分たちで工夫してほしい」と選手に指示した。

試合が始まり、強いプレッシャーをかけられた選手はボールが回せない。

しかしそれでも岡田は具体的な指示は出さずに見守る。

試合が始まって20分。

選手の一部が自分のポジションを変えるなど工夫を始めた。

ようやくパスが回るようになり、得点が生まれた。


岡田は試合後、選手たちを評価した。

そして同時に、「実際の試合ではもっと早く対応しなければならない」と次の課題を与えた。

岡田は毎日の練習で行ったことや、そこで気づいたことを秘密のノートに書き留めている。

その反省を元に、次はどんな練習を行うべきか、考えていく。

意外なことに、岡田は先々の練習予定をまったく決めていないのだという。

いつも練習開始直前まで、その日のメニューに悩んでいる。


岡田の練習は、動きを強制するのではなく、選手にその気づきを促すのが目的。

だからこそ、練習メニューにどんな仕掛けを施すか、その工夫をどれだけ凝らせるかが勝負なのだ。


パスがうまく回せず、大きく蹴り出してしまう選手たちに対してこの日用意したのは、

ボールに触れる回数をピッチのエリアごとに制限したゲーム。

外側のエリアでは自由にボールに触ることができ、中心エリアでは2回までという条件を付けた。

これによって、ピッチを外側までより広く使うと、パスが回しやすことに気づかせる狙いだ。

そんな練習を、狙いを言わずに行わせることで、少しずつ選手に気づきを促していく。

岡田のメニュー作りは、深夜にまでおよび、

自宅でも、本を読んでいても、いつもそのことが頭に浮かび続けているという。

しかし選手の自立と成長を促すため、あえてその厳しい道を選んでいる。


岡田の15年にわたる監督人生。


それは自分の「指導の限界」との闘いだった。


いかに選手たちを「自ら考え、動く」人間へと育てていくのか、


その答えがなかなか見つからず、苦悩し続けてきた。


しかし岡田は、その苦悩の日々こそが2010年のワールドカップの成功につながったと話す。


岡田は指導者として成功する条件を、こう語った。


「世界中の有名な指導者も日々苦悩していると思う。


こうしたらこうなる、こうやったらチームが強くなるなんて、そんなにわかったらみんな出来るんだから。


でも、ある意味結果を残す人っていうのは限られている。


それは、何か共通項があると思うんだけど、


それはやっぱり、その現場に真剣に向かい合って必死になっていること。


ダメならしょうがないと腹を括(くく)ってること。


それぐらいの共通項しかないんじゃないかと。


How toの共通項なんかあまりないんじゃないかと思う」


真のプロフェッショナルとは?

覚悟していること。

過去の実績、今の自分のもっているもの、または人にどう思われるかとか、

評価とか、そういうものを切り捨てるという覚悟をしていること。

腹をくくっていること。そういうのが一番大事じゃないかと思っています。 by 岡田監督





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる