Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS U-13 TRM報告

<<   作成日時 : 2012/04/11 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

積極的な感性をもつ子供を育てる北九州のジュニアユースサッカーチーム

画像

未来への扉は自動扉ではない

画像

失敗とは転ぶことではなく起き上がらないことである

久々に北九州の雄の胸をかりに… 行橋市まで出かけました。

強風の下、グランド準備から丁寧に… 素晴らしいチーム(クラブ)

選手一人ひとりが、本当にしっかりしていたのです。 見習わなくては… 心から…

いろんな面で、久々に圧巻でした。

なにより、監督Oさんの情熱… あとから知ったのですが…

翌日には、県リーグ1部の公式戦でルーヴェンさんとの試合をひかえていたのでした。
(でも、U-14の試合にARをU-15jのメンバーがやってくれました。任意に来ていた数名が…)

 結果は、壮絶な点の取り合いの試合だったとか…


■4月7日(土) 行橋市総合公園グランド

●春日イーグルスFC U-15C(U-14チーム) 0−3 ドュマン・ソレイユU-14○

●春日イーグルスFC U-15C 0−1 ドュマン・ソレイユU-14○

●春日イーグルスFC U-15C 0−? ドュマン・ソレイユU-14○

 ハイプレッシャーの中で、何をするべきかが…

ゆっくりとした中では、徐々に判断してプレーができるようになったのですが…

さすが、県の1部レベルでは、

本当にスペースもなく・考える時間も与えてくれない。

その中で、ただ『がむしゃら』さ… だけでは、得点させてくれません。

極端なことを言うと、自分の良さを出せない。 なぜか?

 すべてのことにおいて、もっと『アグレッシブに取り組む姿勢』なのかな〜と思いました。

やはり、『イエスマン』的要素のプレーをしていては… メンタル面も…

 まだまだ、強い個が育っていないのが現状なのです…

やっと、本当の強さを身につける扉の入口まできているのですが…

ここからが、本物になるかどうかの… 厳しいプレッシャーの中での個性を発揮するために…


ボールを失わないこと=まず、ボールを持つこと・止めることにストレスを感じないように〜

そこから、本当に周囲を観る〜

仲間への余裕を与えれるプレーを心掛ける〜

リスクを負う〜 等々



☆あるチームの監督の試合後のコメントから… (共感したので…)

攻撃的な選手であれば攻撃のみ、ストッパーの選手であればディフェンスをするのみ。

ディフェンスの選手であれば、ボールを前に運んでいくとか、前に当てて自分が攻撃に参加していくこと。

自分のポジションはこうだ、と決めつけがちだと私は思います。

そしてボールのないところでもっともっと動くべきところで動いていない、そういったことが多く見受けられます。

若い選手に特に学んでほしいことは、

攻撃、守備の両方の方向でサッカーをしなければいけないということです。


攻撃をしたら攻撃しっぱなし、ディフェンスだったらディフェンスだけ、それではまずいのです。

攻撃から守備、守備から攻撃という両方向のサッカーというものをしっかりとやらなければいけません。

我々のトレーニングではいかにボールのないところでスペースに走り出すか

いかにボールのないところで味方の選手に対して動き出してサポートするか

そういったところで、いろいろなバリエーションの練習をしていますが、サッカーというのはボールを持っている選手が大事なのではありません。

ボールを持っている選手以外の選手がいかに動くか、ということがサッカーでは大事です。


正しい情熱をもって、頑張れ…

正しいボールの守り方〜攻撃的な持ち方や正しいボールの奪い方等にも、もっとこだわりをもって…

最初の試合で、ボールポゼッションできたのは、今までの「成果」…

でも、もっと、より本物にするためには… 

Enjoyサッカー なべ 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-13 TRM報告 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる