Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS U-13トレーニングマッチ

<<   作成日時 : 2012/02/14 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■2月12日(日) 田川郡大任町総合運動公園

 ●小倉南Y 1−2 春日イーグルスU-13

 ○グランロッサ 1−0 春日イーグルスU-13

 ○小倉南W 3−0 春日イーグルスU-13

 △小倉南Y 1−1 春日イーグルスU-13

 △サガン鳥栖唐津 0−0 春日イーグルスU-13

 ○小倉南X 2−0 春日イーグルスU-13


試験前でしたが、高いモチベーションで試合にのぞむことができました。

一生懸命さが伝わってくるだけに、課題が明確になりました。

特にトレーニングしていることが試合に出てきた面もありましたが、いろんなタイプのチームと試合をさせていただいただけに、練習とは違う課題が出てきたりと…

そういった面では、本当に充実した試合であった。

時間帯によって、イニシアチブをとれる時間帯とそうではない時間帯。

その理由はなにかを、分析することが大切だと思います。

 大切なことは、繰り返しますが『ボールを大切にすること』

基本的に、

パスは、『仲間がやりやすい』かということ。

ドリブルは、『なんのために、行うのか』

ドリブルの目的を持って(個)その技術を(チーム)の『なんのために?』ということを考えて…

ドリブル(優先)することを否定は(全く)していません。

仲間の理解が、あってこその、自分のプレーがあるのではないでしょうか?

時には、仲間の良さを引き出すためにも… パスだけでなく…

そんな余裕のある… 

一番の理想は、ドリブルであろうがパスであろうが、本人が自由に選択できるということ。

ボールを保持する本人も、そんな『ボールの持ち方』を理解していますか?

 しかも、コンパクトフィールドだからこそ、『遠くをも観れる(理解する)持ち方ができているのか?』

ということが… 余裕という『時間の貯金を…』だれのために…

自分だけのためなの? それともチームのためなの? ということかもしれません。

 決して、自己満足のためではないというのが、チームスポーツの原理原則のような…?

そんな中でこそ…

コミュニケーションとは?  一人だけの努力では必要ないことも、二人以上になると…

U-13の試合の結果は、上記のようですが、どちらが多くチャンスを作ったか?どのようにして?

**************************

私たち(指導者・大人)が、子どもたちから自由を奪わない(支配しない)ということ。

=自由(でも迎合することではありませんよね)

自由な発想ができるように… 頑張れ!(仲間とともに…)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-13トレーニングマッチ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる