Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS コーチング 高校サッカー優勝 市立船橋高校サッカー部監督 

<<   作成日時 : 2012/01/12 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第90回全国高校サッカー選手権​で優勝した市立船橋高校サッカー部監督の朝岡監督のコーチングに​ついて


1.ゆとり世代の気質をくみ、練習の意図を丁寧に説明。

2.個人面談を取り入れ、試合の起用について必ず本人と対話した​。

3.視覚情報に親しんだ世代へモチベーションビデオを製作した。


​決勝、朝のミーティングでも、モチベーションビデオを見て気持ち​を高めた。

千葉県大会の得点シーンなどを編集したビデオの最後の​シーンの題名は「もう一つの選手権」。

メンバーに入れなかった3​年生が練習場でプレーしている映像だった。

85人の部員全員が一​緒に戦っている。

そんなメッセージが込められていた。

直後にメン​バー外の部員全員が登場。

代表して2人が「自分はケガが多く、み​んなとサッカーする時間は少なかった」などと涙ながらにスピーチ​。

「苦しい選手の分まで結果を出すしかない。一丸だったチームが​さらに一丸になった」と和泉。

キャプテンマークにはベンチに入れ​ない3年生全員の名前が書き込まれていた。

苦しい時間帯は左腕を​見て奮い立った。

4.負けた直後に宣言を模造紙に書かせるなど工夫を重ねた。

5.試合前はメンバー外になった選手にスピーチさせ、ピッチに立​つ責任を主力に自覚させてから出陣。


選手たちの口から自然と、「チーム一丸」「感謝」の言葉が出るよ​うになった。


単にチーム一丸とか感謝の気持ちを持てと言っているだけでは、何​も変わりません。


朝岡監督のコーチングには、チーム一丸と感謝を​具現化する行動プランが組み込まれています。


コーチングの真髄が​集約されている事例として、とても参考になります。

Enjoyサッカー なべ

日本一になった理由

 ☆いちふな優勝を支えた方です…

大学の後輩なのですが、本当にリスクを負いながら様々なサッカー育成環境にチャレンジしている市立船橋OBで… クラブチームヴィヴァイオ船橋の代表でもある。

年末の島原での中学生サッカー大会へはここ数年参加されているチームである。

九州までの遠征を考慮され、選手のコンディションや経費を考え、1000万円もするだろうバス(全席リクライニングシート)を購入されたり…

クラブ運営面でも、様々なリスクを負いながら…


数年前から母校である市立船橋高校の復興へ向けて… U-16をコーチされたとか…

クラブOBには、福島県代表の尚志高校にも…選手を送り出し…


いろんな苦労をされたことを知っていたので… 

日本一が決まった夜に、思わず携帯を手に連絡をさせていただいた。

 そこには…  まだまだ日本サッカーの向上意欲が…

負けられない… と思いつつ 私の眼がしらにも熱いものが…


いろんな出逢いに本当に感謝です。  日本一おめでとうございます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーチング 高校サッカー優勝 市立船橋高校サッカー部監督  Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる