Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本に創造性豊かな選手が育つ土壌はあるか@

<<   作成日時 : 2012/01/27 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本に創造性豊かな選手が育つ土壌はあるか

京都アドバイサー・池上正の育成改革論


■制度の変更よりも大切な指導の哲学

「世界のトップ10を目指すのなら、今現在の日本のサッカーを基準にして、子どもに模倣させてはいけない」という池上氏【『サッカー批評』編集部】 電話の声は低く、くぐもっていた。

「少年サッカーをなんとかしなくては、日本の未来はないですよ」


 日本の未来を担う少年サッカーは2011年、大きな転換期を迎えた。

8人制を軸とした少人数制への移行を推進、頂点となる全日本少年サッカー大会もこのルールにのっとって行われた。

決勝を見届けた関係者からは「見事なパスサッカーが展開された。

日本サッカーの未来は明るい」と評価された。現場の指導者も胸を張って言った。

「この年代でこれだけ大人のサッカーができるということを、見てもらえたと思う」


 しかしながら、電話の声の主である池上正(京都サンガF.C.アドバイザー)は異なる見方をしていた。

「大人のサッカーとは日本の大人、Jリーグということでしょう?

 コーチの方は一生懸命やっているのにそこに水を差すようで申し訳ないけれど、皆さんが指導するモデルはJのサッカー。

広島やセレッソなどトライしているチームはあるが完成されてはいない。

多くが創造性豊かなサッカーをしていない。日本が将来的に世界のトップ10を目指すのなら、今現在の日本のサッカーを基準にして子どもに模倣させてはいけない」

 8人制へ転換した理由は、ボールに触れられる回数、シュート数が増えること、攻守の切り替えが速くなることが挙げられる。

試合環境は以前から少人数制で育成してきた欧州などのサッカー先進国と同じものになった。


 だが、池上は苦言を呈す。

「わたしにはあまり変わっていないように映る。人数やピッチのサイズを変えても、指導の内容を変えなくてはその効果は生まれません」


 全少の試合は彼からすれば、個々が自分のポジションに縛られているように映った印象だった。

例えば中盤やディフェンスの選手がチャンスと見て前に飛び出したりといったダイナミックな動きが見られなかった。

要するに「面白い選手だな」とワクワクさせてくれるプレーヤ―は不在だったのだ。


「小学生年代にもっと自由に感じたままに動く習慣をつけなければ、クリエーティブな選手は出てこない。

全員がゴールを狙うために迷わず前線に飛び出していく。

そういったことを許す、認める感覚が指導者にほしい。

自由に自分で考えさせる指導スタイルをもって、そういったチャレンジにもっと時間を使わせてあげるべき。

その時間が後の成長につながるのだから。

より大胆にピッチで動きまわるプレーヤーを育てなくてはいけない」


 池上は千葉県予選も視察しているが、準決勝では2試合ともパスがつながらずドリブルを多用するか、中盤を省略したロングキックに終始する場面がほとんどだったという。

3本以上のパスがつながるのは、日本一になった柏レイソルのみだった。


 ハイレベルといわれる千葉県の4強でさえそういった状況なら、全国の地方大会はどうなのだろうか。

ゴール前の攻防が増えるよう指導されているのか、選手が自分で考えてプレーできる環境なのだろうか。

池上に言わせれば、その答えは残念ながら「ノー」である。

つづく

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本に創造性豊かな選手が育つ土壌はあるか@ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる