Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 心・技・体

<<   作成日時 : 2011/12/07 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

心・技・体

 スポーツにおける「心・技・体」とは、どんなことを意味するのでしょうか?

ここでの「心」は、メンタル面・心理面・精神力・気持ちの強さ・ハートが強いなどの言葉で表現されることがらです。

また、「技」は、技術(テクニック)・技能(スキル)・作戦・戦術などの言葉で表現できます。

さらに、「体」は、体力・身体・筋力・体格などの言葉で表現できると思います。

 日本のスポーツ界において、

「技・体」の指導や練習は、オーバーワークになるくらい時間を費やしています。

しかし、外国と比較した時、日本の選手の方が練習時間は長いのに、オリンピックなどでは勝てないのです。


 例えば、アトランタオリンピックでは、アメリカが101個のメダルを獲得、日本は14個しか獲得していない事実をご存知でしょうか?

 練習時間の短いアメリカがなぜ、これほどまでにメダルを獲得しているのでしょうか? 

そこには、オリンピックトレーニングセンターを中心としたスポーツ科学の応用があると言われています。


 スポーツ科学を取り入れるとなぜ試合で勝てるようになるのでしょうか?

 その答えは、「質の高い練習で選手がより早く合理的に上達する」とか「試合で勝つ可能性を高める方法がある」ということがいえると思います。


短い時間でより効率的に効果を出す、試合で勝つ可能性を追求した方法を使うなどの合理的・論理的な考えが、試合で勝つということにつながるのだと考えられます。


 日本では、伝統的に練習を多くやればうまくなるという考え方がされてきました。

選手にきつい練習をさせ、追い込めば、また練習を多くやれば精神力はつくなどという古い考え方が科学的なメンタル面のトレーニングを、海外より遅れさせたのです。

確かに、この方法でもメンタル面が強くなった選手もいたでしょうが、落ちこぼれていった選手の方が多かったのも事実です。

つづく

サッカーでは、オランダの育成方法が効率的だと言われて…

ミケルス氏やクライフ氏がオランダからスペイン(バルセロナ)へ…


オレンジの呪縛――オランダ代表はなぜ勝てないか?
講談社
デイヴィッド・ウィナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オレンジの呪縛――オランダ代表はなぜ勝てないか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心・技・体 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる