Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 結果を出す人に「4つの共通項」 原田隆史氏C

<<   作成日時 : 2011/12/19 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■我々の未来には4種類

具体的に未来の夢を実現させていくための方法論は?

 我々の未来には4種類あります。



[1]自分の形ある有形の未来(目標や目的)

[2]自分の無形の心の喜び

[3]社会他者の有形の形ある未来

[4]社会他者の無形の心の喜び。です。



 プロ野球、福岡ソフトバンクホークスに和田毅投手がいます。

彼の有形の目標は、年間20勝です。

 彼は1球投げるごとに、また、1勝するごとに、ワクチンを寄付しています。

そのワクチンでアフリカなどの子供たちを病気から救っているのです。

つまり、彼が勝てば社会他者、つまり幼い子供たちの命が救われるという具体的な感覚を持ちながら、年間20勝頑張ろうとしている。

言い換えれば、和田投手は「自分の形ある未来の目標」と「社会他者の形ある未来の目標」を共に感じながら生きているのです。


 もう1つ、和田投手は年間20勝すると「自身の無形の心」すなわち、人の命をワクチンで救えるという、自信や満足感を獲得します。

そして、子供たちはワクチンにより命が救われるという夢や希望を持つことができます。

自分の活動が見えない社会や他者に勇気や元気を与えることを感じながら頑張っています。


■具体的な未来を書く

 次に達成するための方法論です。

より具体的な未来を描きます。

達成期日を決めて、達成したか否かを判断できる形で書く。

ただ単に「頑張る」とかではダメです。そして、文頭は「私は」から始めます。


 次は「それが達成できたら、自分の心の中はどうなるか」を書く。

「自信がつく」とか「元気が出る」とかですね。

私は陸上競技で日本一の監督になった時に、「自己超越」「至高体験」を感じました。


 そして次です。

有形の目標を達成して心が喜びで満たされた時、家族や地域の人々、部下、同僚、仲間などにもたらす具体的なプラス成果を書きます。

起業に成功すれば、雇用を創出できるとか、社員の給与が上がるとかです。

 最後は社会・他者の無形です。

目標を達成した時、地域に対して何を与えられるでしょうか。

地域の元気、誇り、プライド、やる気…。それを4つ目の未来として書きます。


 4つの未来のうち、どれか1つでも未来が生まれた瞬間に、実は、我々は同時に4つの未来を持つことになるのです。

 それを気づいていないだけです。

 勇気と自信を持って、そのことに気づきましょう。


世の中には「たすき掛けの法則」というのがあります。

社会他者の無形の喜びを増やせば増やすほど、自分の有形の目標、目的が促進されるものです。

そして、自分の無形の心の喜びを増やせば増やすほど、精神的に余裕が生まれるので、他者の有形の目標をお手伝いします。

 我々は、自分のことと他人のこと、見えるものと見えないものを同時に感じながら、4つの未来の中で、たくましく生きています。

今まで、プロスポーツ選手から、芸能人、国内外の企業経営者の方まで指導した経験がありますが、「社会他者の無形」が大きくて「自分の有形」を達成できなかった人はいません。

確率論的に言うと、無形が大きくなればなるほど達成の可能性が高まるのです。


■絡めるほどモチベーションが高まる


このように未来の4つの目標、目的をしっかりと考え、意識すればするほどモチベーションが高まります。

ですから、長期的なモチベーションは、その人の未来の目標、目的のとらえ方と感じ方にかかっているんです

ここが一番大事なところです。

 自信のない、ちっぽけな未来の目標、目的を薄い鉛筆でサラサラっと書く程度ではダメなんです。

自分でしっかりと4つの未来を考え、とても強い思いや願いをかけながら、いつも周りの人を元気にするような本当の目標、目的を作って欲しいのです。


■目標には期日を入れる

 目標を達成した時、どんな状況が映像として目の前に広がるでしょうか。

どんな音が聞こえますか。体はどんな感じがして、どう反応するでしょうか。

その時の気持ちは。これら五感と感情をすべて使いながら未来をリアルに体感してください。

しかも楽しく、ワクワクとです。

 それを今の言葉で言うと「イメージトレーニング」となります。

これが最新式の未来づくりの簡単なやり方です。

ここまでできたら後は簡単で、最終ゴールに向けて毎日、何かを続けてください。

それを「ルーティン行動」と言います。

そうすると、習慣が形成されて、潜在意識の中の97%を占める「無意識」が勝手に働くので、自然に結果が出るようになります。

 次に、「いつまでに」という途中経過の期日を入れることです。

そして最後にもう1つ、支援者・助けてくれる人を作ることです。絶対に1人で成功はできません。


 繰り返しますと、「明確な未来を掲げながら、毎日何を続けるか」「目標の途中に小さな階段として経過目標を入れる」「誰に助けてもらうか」の3つが揃うと、非常に高確率で未来に近づきます。


 「夢に日付を入れる」ことは非常に大切です。

今までの自分に… そしてこれからの自分自身にできることを…

Enjoy Life なべ

先日、日体大サッカー部OB会福岡県支部総会に参加させていただき、いろんなことを思い…

 先輩方や後輩の方々のお話をお聞きし、なにか人生について考えさせられました。

日々、前進を…
成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
小学館
原田 隆史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 成功の教科書 熱血!原田塾のすべて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結果を出す人に「4つの共通項」 原田隆史氏C Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる