Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 美しい走り方 お手本 by 李国秀氏

<<   作成日時 : 2011/12/16 10:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

李国秀氏の目

 世界的に注目されるバルセロナの久々の日本参戦とあって、スタジアムは異様な雰囲気だった。

妙な静寂に包まれていて、選手の一挙手一投足を、観客が固唾をのんで観ていたことがうかがえた。


バルセロナも、サッカーの妙味である「あうんの呼吸」が生き届いた良い試合をしてくれた。

タイトルを取りに来た姿勢は、試合前に組んだ円陣、隙のない闘いぶりにも表れていたし、決勝に向けた微調整ができたと思う。


その中で、よく語られるうまさや賢さと同時に、ボールの奪い方の技術に驚き、納得した。


 注意深く見ると、歩幅が適切でバランスが良く、走り方が実に美しかった。

だから、簡単に足を出せてボールを取れる。


日本の指導者はそれを見逃してはいけない。

なかなか見られない美しさで、生で観戦する勝ちはそこにもあった。


 子どもたちには、彼らのボールの持ち方もすぐに実践してほしい。

パスも出せてドリブルもできる持ち方は、まさに良いお手本だった。

 一方アジア王者は攻撃が単発で、機関銃のようなバルセロナには手も足も出なかった。

パスや動きのタイミング、あうんの呼吸に対する注意力を持たず、サイズの大きさだけで選手を集めるチーム思想の差だ。

まさにそこが世界とアジアとの差ではないか?

(元ヴェルディ総監督 李国秀氏コメントより)


ネイマールに象徴されるような突出した個といった感じがしたサントス。

チームコンセプト(共通理解)の上での個の役割が徹底されているバルサ。

 チーム全体で、「いつスピードアップするか? どうスピードアップするか?」

「中央から ある時はサイドから」 

ボールを動かして、相手を動かし、スペースを作り いかにスペースと使うか

本当に観ていて楽しい試合だった。

一人ひとりがチームのために…どう頑張るのか?

本当に分かりやすい試合内容だった   Enjoy Football なべ


Lee’s Words―ヴェルディ総監督730日の戦い
三才ブックス
李 国秀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lee’s Words―ヴェルディ総監督730日の戦い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美しい走り方 お手本 by 李国秀氏 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる