Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 階段を一歩上がる時…  

<<   作成日時 : 2011/11/24 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リーダーとして美しい山を登っているか by 岡田武史氏

http://www.r-agent.co.jp/guide/interview/201106.html

代表監督として2度のW杯を戦い、2010年には日本をベスト16に導いた岡田武史さん。時にはバッシングにもさらされ、決して順風満帆とは言えなかった中、岡田さんはどうやってチームを率いてきたのか? そして、岡田さんが語るリーダーの条件とは? ビジネスパーソンが学び、実践できることを探る。

監督と選手では立場が違うということが分かりました。

みんなに好かれたい、仲良くやっていきたいと考えても、それではチームは勝てない。

それならば監督は、チームが勝つために、情に惑わされず、何が必要なのかを突き詰めていかなくてはならない。

つまり「監督の強さ」というものに気付いたんです。

このドイツ時代の経験は、僕にとってとても大きなものでした。




僕が組織を作るとき、システムや練習方法はそのチームによって変わることがありますが、「チームモラル」だけは一貫して重要視しています。

例えばJリーグの監督時代、僕が朝早く来て、選手たちのロッカールームのスリッパを揃えることを繰り返していると、「監督がやっているらしいぞ」と噂になって、次第にスリッパも揃い、ロッカールームが奇麗になっていく。

だって、散らかったロッカールームからいい練習につながるわけがありませんよね。僕から「片付けろ」とは言いません。

これがチームモラルです。


指導というのは、空のコップに色々入れようとするのではなく、

こちらは一歩引いて本人に考えさせ、リスクも含めて任せ、内側にあるものを最大限に引き出すこと。

その真の意味に気付くことができたんです。


一番大事なのは「その目標を全員が本気で目指すこと」です。

特に代表チームは各自のクラブから集まっては、ばらばらに帰って行くことを繰り返すので、チームに対する責任感や一体感が生まれにくい。

目標はもちろん、

2010年のワールドカップでは「Enjoy(楽しめ)、

Our Team(我々のチーム)、Do Your Best(最善を尽くせ)、Concentration(集中)、Communication(意思疎通)、

Improve(進歩)」の6つをフィロソフィー
として掲げ、

「ベスト4になる」という目標に向かうための指針にしました。


、リーダーの資質には決断力や行動力、先を読む力などがありますが、一番大事なのは「自分が登るべき山を持つ」ということ。

つまり目標や夢です。

どうマネジメントしようかとか、ハウツーを考える前に、

必死になって山を登り、その姿を見た人たちが惹かれて付いていきたいと思うんです。

その山も「自分が儲かるため」とか「有名になるため」といった私欲ではなく、志が高い「美しい山」であることが必要です。



物事の判断基準は「損か得か」「好きか嫌いか」「正しいか間違いか」などいろいろありますが、僕は様々な決断を下すときに必ず「この生き様は美しいか?」と自分に問いかけます。

リーダーになる人は自らなろうとしてなるのではなく、志が高く美しい登るべき山を持ち、そこを本気で必死になって登っている人ではないでしょうか。

そして、周囲や仲間に「一緒に登ろう!」と、ずっと訴えかけ続ける。

僕はそう思います。  以上


共感 Enjoyサッカー なべ


一番印象的だった言葉です。

僕の経験から言うと、どんなに苦しい状態が続いても、それは必要なものなんです。

逃げ出さないで必死にやっていれば、必ず次の高い場所が待っている。



「以前のようなプレーができなくなった」と悩む選手たちにもよくこう言います。

「何のために今、落ちていると思う? より高い所に行くためだ。高くジャンプするときほど深くしゃがむだろ。

そんな低い所ばかり見ていてどうするんだ」と。



僕のように上り下がりの激しい人生を送っていると、

この苦しい状況は、次のステップアップのご褒美が待っているな」とわかるんですよ。

日本人を強くする (現代プレミアブック)
講談社
岡田 武史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人を強くする (現代プレミアブック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
階段を一歩上がる時…   Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる