Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 先進国の指導者は

<<   作成日時 : 2011/09/29 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あるブログで発見しました。 面白い記事…

私たちは、 『瞬間湯沸かし器指導者』と呼ばせていただいています(笑)

以下 お楽しみ下さい。……

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「怒鳴るだけの指導者は・・・」では、

「育成大国スペインでは、日本のように”怒鳴るだけの指導者”が野放しにされることはないという。」と仰ってますが、実情はどうなんでしょうか。

イングランドではこんな感じらしいです。



恐れ入ったな、このタッチライン際のまぬけ面には。

いったい何様のつもりなんだか。顔を真っ赤にして叫び倒す、指を突き出す。

見てらんないぜ。そんなに熱くなって、いきり立ってどうする。


チャンピオンズリーグの決勝じゃあるまいし。

たかが地方の子どものフットボールだろうが。

今時はもう流行らないぜ、そういう、ガキのフットボールを預かるストレスでイッちまってるタイプの監督なんぞは。



中略



ほらまただ。

チャンスを逃したのを見て大袈裟に両腕を頭の上に投げ出したかと思うと、

やっと筋の通る言葉を捜しちゃ、プレーヤーたちに向かって怒鳴りつける始末だ。

もっとも、せいぜい「おらー、何やってんだ」とか「がんばれ」止まりだけどさ。



中略



おやおや、今度は何だ?

失点したらピッチに背を向けちまうのかよ。

うなだれて、地面を蹴飛ばしてやがる。



中略



哀れなもんだ。

きっとFA(イングランドサッカー協会)のトレーニングセッションでも使える、良い教材になるだろうよ。

タッチラインで平静さを失うってのはこういうことだって。

しまった、携帯のカメラで撮っとくんだったな。


たたし、そうするにはちょいと問題がないわけじゃない。

そのタッチライン際のまぬけってのは、他でもない、私だからだ。

この私がその取っちらかった道化で、まぬけなうすのろだからだ。





これは、イングランドのスポーツライターが、自ら親コーチをつとめるチームと、対戦相手を自嘲気味に描いた「日曜日のピッチ(父と子のフットボール物語)」という本の書き出しです。

こいうタイプのコーチは決して珍しくないようです。

2007年に書かれた本ですから、今もそんなに変わってないでしょう。

スペインと並ぶサッカー先進国でもこの程度ですから、日本はなかなかいいんじゃないでしょうかね。


Enjoyサッカー なべ 

ピッチ際で冷静さを欠かないように… COOLに…

たまには、熱くなることも……!?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先進国の指導者は Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる