Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「引き出しを増やす」 ザッケローニ監督談

<<   作成日時 : 2011/07/13 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://samuraiblue.jp/fanzone/ilmiogiappone/vol02.html

システム論は…???

Enjoyサッカー なべ

システムに縛られないほうが… コパ・アメリカを観ても…


共感した言葉は

私は監督の仕事とは「行き方」も「行き先」も教えられるけれど、できるのはそこまでとも思っています。

実際に行き方をチョイスするのはピッチの中で戦っている選手の役目です。

サッカーは、ボールを持っている人間が「ボール」と「ゴール」と「味方」と「敵」を常に見ていないといけないスポーツです。

だから「攻撃の時はここを見てくれ」「守備の時のここを見るようにしよう」というポイントを…

監督の仕事は選手の思考を整理することだと言いましたが、それをやったのです。

「ここを見ればいいんだよ」と選択肢を整理することが実は選択肢を増やすことにつながる。

選択肢が増えると余裕が出てプレーの幅が広がる。

幅が広がると逆に簡単にプレーすることにつながる。

4-3-3とか4-2-3-1とか3-4-3というシステムはスタートポジションを決めているだけなのです。

システムを変える度にやるべきポイントが変わるなどということはありません。

「ボール」と「ゴール」と「味方」と「敵」。

この4者の関係性を常に頭に置いてプレーすることはサッカーにおいて不変の真理なのです。

ですから「システムを変えたから勝てた」「システムの変更が裏目に出た」といった分析は…?


日本の人口は約1億3千万人だけれど、1人で3人分働いているので労働人口は3億9千万人の国に映ります。

サッカーのゲームにおいても、何にでも対応できるところが、日本代表の特徴になりうると思っているのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「引き出しを増やす」 ザッケローニ監督談 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる