Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上氏からのメールN

<<   作成日時 : 2011/06/15 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて今回は、前回に引き続きになるのですが、「考える」ということの話しです。

先日、館山市で行いました「モデル地区トレセン」の練習風景からです。

小学4〜6年約70名と高校生10名の参加者でトレーニングをしたのですが、

「まず最初に二人組でボールを2個使って、タッチラインからタッチラインまでパス交換をしてください。

向こう側に着いたら相手を変えて戻ってくる」という説明をしたのですが、

ポイント1;ボールを2個使わない組がある。

ポイント2;一往復で止まらずに何回も続けている。

ということが起こりました。

ポイント1は、高校生が間違っていたので、小学生もつられたようです。

ポイント2は全員がそうでした。

私が「合図」を出すまで続けている訳です。

これはいかがでしょうか?

日本の教育がそうさせているように思うのですが!!

 「よーい始め」「はい終わり」という声でしか動いてないのではないでしょうか!?

 みなさんの練習にこのようなトレーニングはありませんか?

話を聞かなくなる。

考えなくなる。

判断しなくなるのでは・・・・


以上

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)
小学館
池上 正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
池上氏からのメールN Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる