Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS ミスを成長の機会ととらえるコーチング

<<   作成日時 : 2011/05/26 09:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

選手がミスをした=「成長のチャンス」です!

選手は失敗を繰り返して成長していくものです。

そのことから考えると、ミス=成長のチャンスなのです。

指導者は、選手がミスをした時に、怒ってはいけません。

「このミスを克服すれば、選手としてさらにレベルが上がるぞ!」と、

成長の機会が見つかったと喜びましょう。

◆ミスをした選手への対処法

選手がミスをした時にやってはいけないこと

 「感情的に怒る」
 ⇒それをしても、何の解決にもなりません。
  選手の気持ちを萎縮させるだけです。

選手がミスをした時にするべきこと

 「なぜミスしたのか」を選手に考えさせる

 「どうすればミスを減らせるか」を選手に考えさせる


ミス=チャレンジの結果です。

チャレンジなくして成長することはありません。

チームの中に積極的にチャレンジする姿勢を作るためにも、ミスに対して寛容になることが大切です。

☆選手を伸ばすミスへの対処法

ミスへの対処法の悪い例@

「ミスが起きた」
    ↓
なぜミスが起きたかを考えない
    ↓
考えずにチャレンジして、同じミスを繰り返す。
    ↓
「なぜ?」を考えていない。

ミスへの対処法の悪い例A
「ミスが起きた」
    ↓
ミスの原因を探さず、すぐにどうすれば上手くいくかを考える
    ↓
あせり、迷いが生まれる
    ↓
同じミスを繰り返す
    ↓
「どうすればいい?」
だけを考えるからミスを繰り返す



ミスへの対処法の良い例
「ミスが起きた」
    ↓
なぜ、ミスが起きたかを考える
    ↓
どうすれば上手くいくかを考える
    ↓
そろをもとに「チャレンジ」する

指導者は選手が「良い例」の心理状態になるような接し方、環境づくりをすることが大切です。

練習の時から、選手がリラックスして、チャレンジを楽しむような習慣をつけさせましょう。

どうすればミスがなくなり、うまくいくかを選手に気づかせましょう。

質問や対話の回数を増やして、「考える力」を付けさせるアプローチをしましょう!



もっと、もっと良い指導を目指して…

Enjoyサッカー なべ

では、プレーヤー自身は?

☆一流選手と二流選手の違い
☆一流選手のミスに対するイメージ
 ◎チャレンジの結果
 ◎成功の途中
 ◎課題発見
 ◎気づき
 ◎成長の糧

★二流選手のミスに対するイメージ
 ◎失敗
 ◎怒られる
 ◎恥ずかしい
 ◎もう終わりだ
 ◎交代させられるj

□良いミスと悪いミスの違い
 ◎良いミス
  チャレンジしている
  習得の過程で出たみす
  目的や意図がある

 ●悪いミス
  心と体の準備不足から起こる
  ⇒ウォーミングアップがしっかりとできていない
  気持ちが後ろ向きになり、迷いが生じた結果のミス
  ミスをミスだと自分で気がついていない

ミスには良いミスと悪いミスの2種類があります。

ミスから学ぶには、プラス思考が必要です。

ミスを単なるミスで終わらせるのではなく、成長の過程ととらえて、次の練習やプレーにいかしましょう。

過去は変えられませんが、未来は変えられます。

ミスをどうとらえ、どう取り返すか が大切なのです。

ミスは成功への第一歩です。

ミス ⇒ 課題発見 ⇒ チャレンジの結果 ⇒ 成功 ⇒ 成長 ⇒ 目標達成。

ミスを有効活用しよう!

鈍足だったら、速く走るな
経済界
中竹竜二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鈍足だったら、速く走るな の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミスを成長の機会ととらえるコーチング Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる