Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレス対処力が漠然とした不安を跳ねのけるA

<<   作成日時 : 2011/03/10 10:10   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■他人の力を借りても、それに依存はしない

SOCの高い人は、決して鉄人ではない。

だからこそ、プレッシャーに負けそうになった時、自分1人で頑張るのではなく、他人の力をうまく使う。

 不安とプレッシャーという、1人では耐え難いストレスの雨が降ってきた時、その雨に濡れないために、雨の中を前に進むために、他人から傘を借りるのだ。

 ただし、彼らは決して他人の傘(=力)を借りても、相手におんぶしてもらったり、抱っこしてもらうことはない。

 「傘を貸してください」と傘を借りたら、必ず自分の手で持ち、自分の足で雨の中を歩く。

もし、自分1人では重たくて傘を支えられなければ、「一緒に手を添えてもらえませんか」とお願いする。

自分1人で雨道を歩く勇気が持てなければ、「すみませんが、背中を押してもらえませんか」と頼んだりする。

 1人きりでは耐えられないほどのプレッシャーという、ストレスの豪雨が降った時には、1人きりで頑張るのではなく、「すみませんが、力を貸していただけませんか?」と、前に進むためのサポートを求めればいい。 

 それは決して、「負けてくれませんか?」とか、「答案用紙を見せてくれませんか?」とか、「キミの手柄をくれませんか?」などと、結果を求めるものではない。

雨の中、伴走してくれる人を探すのだ。

 不安の反対は安心ではない。

 どんなに安心を模索したところで、問題は1つも解決しない。

不安な時こそ、プレッシャーを感じている時ほど、踏ん張ることでしか不安は軽減されない。

 不安は、前に踏み出すことでしか解消できない感情なのだ。

アントノフスキーは1980年代に、SOCに関する著書の中で、「アジア人、とりわけ日本人のSOCは高いだろう」と記している。なぜ、彼はそう考えたのだろうか?

 アントノフスキーはその理由の1つに、家族関係を挙げている。

日本人の母と子の間に強い愛のきずながあり、地域の結びつきが強い。

そして、何らかの欲求の充足を延期する行動パターン、すなわち「我慢する」という経験を美徳とする文化もSOCのレベルを上げているとしている。


 また、終戦直後の日本にスポットを当て、日本人が困難から立ち上がる姿を描いてピュリツァー賞を受賞した米国の歴史学者ジョン・ダワーの著書『敗北を抱きしめて』(岩波書店)でも、戦後の日本人たちのイキイキとした生きる力を存分に感じ取ることができる。

 虚脱と絶望とに襲われながらも、嘆き続けることをやめ、明確な目標に向かって目を上げ、1人ひとりが1歩を踏み出していた。

 かつての日本人のSOCは高かった。

 そう確信できる人々の姿が描かれているのである。
 当時の日本人の生きる力の強さは、世界のストレス研究者たちだけでなく、日本人をはたから見てきた外国人にとっても謎だった。

 彼らはどうやって敗戦という困難を乗り越え、あそこまでイキイキとしていられるのか、と。

 家族関係、地域のきずな、我慢する経験……。

いずれも今の日本から失われつつある。そんな気がしてならない。



 どんなに安定した職業に就こうとも、どんなに恵まれた生活環境に身を置こうとも、不安という感情がなくなることはない。

 予想もしなかったような、危機に遭遇することだってあるだろう。

 そんな時、「傘を貸してもらえませんか?」と頼める他者がいたら、どんなに心強いことか。

 プレッシャーの豪雨にびしょ濡れになっている人に、「この傘を使っていいから、自分の足で歩いてごらんよ。 

1人で心細ければ一緒に歩くから、今は踏ん張れ!」と声をかけてあげたいとは思わないか。


 相手を非難したり中傷したりすることよりも、そんな伴走者になることの方が、大切なんじゃないだろうか。

共感 Enjoy LIFE なべ

不安の渦中にいる当人は、どうにかして不安を打ち消すための安心を手に入れたくて、ついつい部下の手柄を自分のものにしてしまったり、カンニングをしてしまったり、八百長をしてしまったりする。

 はたから見れば、それが未来につながるとは到底思えないけれど、 「失敗できない、したくない」という気持ちが強まれば強まるほど、過剰なプレッシャーを感じ、どうにかして、そのプレッシャーから逃れたくて、インチキという“安心”に手を伸ばしてしまうのだ。


 その一方で、どんなプレッシャーにも押しつぶされることなく、しんどくても、苦しくても、踏ん張り続ける人がいる。

どんなに、「絶対にバレないから、大丈夫だよ」と内なる声に甘くささやかれても、ガンと跳ねのけ、踏ん張れる人だ。


 いったいこの両者を分けるものは、何なのか?

 正義感か? 金銭的余裕か? それとも人間的な強さなのか?

 私は、その答えは、前に進もうとする生きる力なんじゃないか、と考える。 なべ



敗北を抱きしめて〈上〉―第二次大戦後の日本人
岩波書店
ジョン ダワー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 敗北を抱きしめて〈上〉―第二次大戦後の日本人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレス対処力が漠然とした不安を跳ねのけるA Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる