Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレス対処力が漠然とした不安を跳ねのける@

<<   作成日時 : 2011/03/10 10:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■SOCの高い人は他人の力をうまく借りる

SOCの高い人は、大きな危機に遭遇した時、それを脅威ではなく『自分に対する挑戦だ』と考えることができる。

それは、すべての危機に対してではない。

自分の人生にとって意味ある出来事、あるいは大切な出来事に関する危機の場合に、「これは挑戦だから、どうにかして対峙してやる」と踏ん張ることができるのである。

 挑戦と認知するために、彼らはまず自分が感じた不安が、いったい何に由来するものなのかを突き止める。

 例えば、お相撲さんが「十両から転落するかも」という不安を感じた場合を例に考えてみよう。

SOCの高い人は、「十両から転落するかも」という漠然とした不安を感じた時、その不安の正体を突き止める。

 つまり、

 ・自分の体力に対する不安なのか?

 ・自分の技の少なさに対する不安なのか?

 ・強い相手と対戦することの不安なのか?

 と何度も何度も自問するのだ。

 ・もし、体力に対する不安であれば、

  体力を向上させるにはどうしたらいいかを考え、

 ・もし、技の少なさに対する不安であれば、

  技の質を少しでも極めるにはどうしたらいいかを模索し、

 ・もし、強い相手と対戦することの不安であれば、

  その相手の弱点を徹底的に調べ上げる。

 具体的に不安のもとを見つけ、後は徹底的に克服するように稽古に励む。

しかも多くの場合、SOCの高い人は、自分1人で頑張るのではなく、他人の力をうまく使う。

 「自分1人でできることには限界がある」と素直に認め、先輩に教えを請うたり、1人で稽古するのが心細ければ、一緒に稽古してもらうこともある。

そして、徹底的に不安を打ち消すための作業(この場合は稽古)に励み、最後は「これだけやったんだから、大丈夫だ。

 自分にはできる」と、自分を信じて本番に臨む。

もちろん思い通りの結果にはならないことだってあるだろう。

でも、SOCの高い人は、そこで失敗しても、「その失敗にも意味がある」と考え、いつまでもクヨクヨしたりはしない。

 たとえ失敗しても、「今回も踏ん張れたんだから、次だって大丈夫だ」と再び踏ん張る勇気を持つことができる。

そして、何度も踏ん張り続けることで、さらに生きる力を高めていくのだ。

 まるで雨上がりに太陽の光がのぞいた時に草木が成長するように、不安やプレッシャーという雨の中を踏ん張って歩き抜くことによって、人間的に成長する。

そうやって、人生は決して自分の思い通りにはならないけれど、自分で納得するものにはできることを学んでいくのである。

Enjoy LIFE なべ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレス対処力が漠然とした不安を跳ねのける@ Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる