Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 指導者のメンタルトレーニング 理想のコーチングB

<<   作成日時 : 2010/12/22 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■指導の方向性は?

コーチング哲学とは、指導者の指導に関する行動や考えの裏付け(理念・理論)となっている信念や原則のことです。


指導者によってさまざまな哲学があると思いますが、これが明確であれば、指導者として成功する可能性が高くなると言えます。



コーチングの目標は何ですか?


試合に勝つこと。


選手にサッカーを楽しませること。


それとも、身体的発達(技術の向上・健康的向上・障害予防)や心理的発達(感情のコントロール・自信を持たせる・心の健康)、社会的発達(協調性・競争の原理・適切な行動基準を持たせる・人間関係・コミュニケーション)を促すことでしょうか?


コーチングの目標を決定することで、指導の方向が見えてきます。


例えば、ケガをしている選手を試合で使う、ミスを怒ったり、罵倒したり、悪い言葉を使う、命令する指導者は…?

選手の成長よりも試合に勝つことのほうが重要とされているかもしれません。



確かに、社会ではどうしても、“勝利”が評価・賞賛されるため、この点において指導者の多くが悩むのも事実です。


しかしながら、スポーツは若い人たちが試練に立ち向かう方法や逆境での対処方法w学んだり、人格を形成したり、協調性やリーダーシップを向上させることに貢献します。


そして、ほとんどの指導者が、スポーツのこうした側面を理解しているはずです。


「選手が一番、勝利は二の次」という言葉があります。


サッカーでは、「プレーヤーズ・ファースト」という言葉で表現されます。


そこでは、指導者が決定する目標やコーチングは、選手にとって最適であるという判断や信念が不可欠です。

勝利よりも選手の向上が重要であることを、コーチング哲学のベースにしてほしいと思います。



 もちろん、「競技スポーツ」を行っている以上、勝つことが重要ではないとは考えていません。


サッカーに限らず、どの競技においても短期的な目標は、大会に出場して試合に勝つことですし、すべての選手と指導者の目標であるべきです。


極端なことを言えば、勝利を目指さないと言う選手や指導者のその理由は何なのか、首をかしげざるを得ません。



試合に勝つために厳しい練習にも挑戦し自分がうまくなることを楽しいと感じる、ライバルとの闘いを面白いと受け止められるといった「努力するプロセス」を「楽しむ」のが競技スポーツなのです。


一流選手の楽しみとは試合結果ではなく、夢をもつことであり、その夢に向かって努力するプロセスにあります。


どのような練習や準備・調整をして自分自身の可能性にチャレンジし、ベストを尽くせた、という満足感を得ることが楽しい。

これは、内発的なやる気(モチベーション)があるからです。



勝利を目指して努力することは、選手にパフォーマンスを向上させるだけでなく、やる気を育て人間的な成長も促します。


また、苦しい時でも、その逆境に負けたり動じたりせずに切り抜けられるメンタル面の強さを身につけることができます。


指導者が勝利に対する正しい認識を持っていれば、スポーツを楽しみ、失敗を恐れずにより上を目指して努力し、失敗から学んでさらに向上するために努力する選手を必ず育成できます。


優秀な指導者は、チームの目標と個人の目標、試合の目標と選手の目標を理解し、勝利を目指して努力させ、選手としての能力向上だけでなく、人間としての向上に関しても手助けができます。



一番になれるチームは一つだけです。

多くのチームや選手が涙を呑まなければならないからこそ、夢や目標に対するプロセスを大切にしたいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
指導者のメンタルトレーニング 理想のコーチングB Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる