Enjoyサッカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「不染汚」

<<   作成日時 : 2010/11/29 10:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

「不染汚」
迷いしときの我を支えき


「不染汚」とは、フゼンマとも読み、

  どんなものにも、染まったり、汚れたりしない、ということです。

  私たち人間は、いろいろなものに汚れるんです。

  例えば他人の批判。

  悪口を言われれば腹を立てるし、反対にほめられればいい気になります。

  つまり、毀誉褒貶(きよほうへん)というものに心が汚れるからです。

  金にも汚れます。

  貧乏すれば貧乏染(じ)みるし、金を持てば金持ち面をします。

  どちらにも金に心が染まるからです。
  
  金にも名誉にも、社会的な地位にも染まりもしないで、本来の自己を保つ―それが不染汚です。  

 ※以上、相田みつを氏の解説より



 私たちの生き方は「不染汚」でしょうか?


 自分自身を振り返ってみると、小さなことで一喜一憂したり、他人を批評したり、お金の心配ばかりしています。



 多くのことに心を染められ、汚れています。



 くしくも、様々な心痛めることが起こっていたり、多くの政治、宗教、経済問題が継続的に存在し続けています。


 それらに左右されない、何ものにも動じない、ゆるぎない精神を養っていかなければならない時代なのかもしれません。


 そのために道元禅師は、「自己を忘るるなり」とおっしゃっています。

 自分自身の生き方を考えさせられる教えです。


☆サッカーを通じて、いろんな子ども達や指導者との関わりの中で、いろんなことを学ばせていただいています。

 「人」としての成長を思う時、(自分自身も含めて)…

 「不染汚」という言葉は、飛び込んできました。

学び続けること…

自分が自分であることには変わりはなく、

子供の頃に出来た人格は変えることは出来なくて

でも、それを上手に使っていく術を学んできました。

失くすコトは出来ません、でも足す事は出来ます。

プラスにして、もっと豊かな「人」になりたいものです。

何をするにも 快適に出来なければ無理が出て辛くなります。


仕事もそう、人間関係もそう。

丁度いい加減をしなければいけません。


ヒトはそれが出来ない事を誰かに押し付けます。

しかし、それが本当に誰か他の人のせいだったとしても

そのあとの心のありかた、それとの向き合い方は

自分の管理下にあることを忘れないように。

自分の管理の上での出来事に他人を入れずに

自分自身に自問自答してみる。

その時の問いかける相手(自分)を間違えないように。

決してマイナス思考な自分に問いかけない。

最後に決断するのは自分だから、自分に聞く(自己評価)が一番いいと思うのです。


みなさん これから寒くなり… また、季節の変わり目です。

気をつけましょう。 病は気からと言いますから…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「不染汚」 Enjoyサッカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる